タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



山頂を目指し遊歩道を歩き始めました。
どの木々も霧氷に覆われています。
上るに従って霧氷の結晶は成長していました。
霧氷には、3種類あるそうです。

1 樹氷(じゅひょう)・・・蔵王が有名。スノーモンスター。氷の結晶が気泡を含み白色。
2 粗氷(そひょう)・・・雲仙が有名。花ぼうろと呼ばれる。結晶は半透明もしくは透明。
3 樹霜(じゅそう)・・・地物に付着した樹枝状ないし針状の結晶。いわゆる霜。

鶴見岳の霧氷は、多分1番ですね。




山上の広場から頂上へ向かう遊歩道に少し入った辺りの霧氷です。
この辺りは、風が弱いせいか、枝全体に氷の結晶が付着しています。




葉にも結晶が付着しています。
マクロレンズで写すととても綺麗です。




風が強くなると、氷の結晶は風上側に成長していきます。
大きくなるとその形から「海老の尻尾」と呼ばれます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 霧氷(鶴見岳... 霧氷(鶴見岳... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。