タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



カタヒバ


国東半島の山にはイワヒバがたくさん生えています。その例に違わず津波戸山にもたくさんのイワヒバが生えていました。そして、葉の形は似ていますが、根元から葉が一枚ずつしか出ていないものがありました。イワヒバなら何枚~何十枚がまとまってついています。家に帰ってから調べてみると、カタヒバと分かりました。シダ植物には詳しくないので、少しずつ勉強しなければいけないと思いました。

ヒトツバ


シダ植物の仲間ですが、名前は分かりませんでした。「クリハランかな?」と思いましたが、葉の裏がわの胞子嚢の付き方が全然違います。こちらも家に帰って調べると、ヒトツバと分かりました。

奇岩


津波戸山頂上と展望所が織りなす岩稜




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 津波戸山(大... 真田ヶ岳(山... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。