タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



龍源寺間歩





今年世界遺産に登録された石見銀山に行ってきました。一般公開されているのは龍源寺間歩です。間歩(まぶ)とは銀を掘り続けてできた坑道のことです。龍源寺間歩は1715年に開発され、石見銀山では、大久保間歩に次ぐ大坑道として、良質の銀鉱石が昭和18年までの228年間掘り続けられました。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 白石山の野菊たち 石見銀山へ② »
 
コメント
 
 
 
おはようございます (すみれ)
2007-11-08 04:55:54
タムリンさんお久しぶりです。お仕事は一段落ですかパソコンの調子はいかがですか 代わりがあってよかったですね 

石見銀山長い間銀の採掘をしていたのですね・・・佐渡の金山を思い出しました。働いていた人たちは激しい労働を強いられ大変だったのでしょう。

久しぶり登山にいらしてよかったですね ↓センブリ・ピンクのシュウメイギク・フジバカマも豪華ですいつも珍しい写真ありがとうございます。
 
 
 
間歩 (アルママ)
2007-11-08 22:19:47
こんばんは。
お久しぶりです。
石見銀山に行かれたのですね。
機会があったら、ぜひ行ってみたいです。
坑道のことを間歩というのは、初めてしりました。
228年間もの長い間銀を掘り続けていたのですね。
 
 
 
すみれさん、こんにちは♪ (タムリン)
2007-11-11 12:07:30
すみれさん、こんにちは♪
いつもご訪問していただきありがとうございます。
パソコンは冷却ファンとハードディクスの交換になりました。ハードディスクの交換が痛かったです。一応データのバックアップはとっているのですが、いろいろな設定やプログラムのインストールをしないといけないので、戻ってきてからが大変です。
石見銀山が世界遺産に登録されたので、今度は佐渡の金山の番ですね。両親も一緒に石見銀山に行ったのですが、母親は1週間前に佐渡の金山に旅行していました。佐渡の金山に比べると、石見銀山はこれから整備充実していかないといけません。人は多かったのですが受け入れ態勢がまだまだこれからの課題みたいです。
 
 
 
アルママさん、こんにちは♪ (タムリン)
2007-11-11 12:21:16
アルママさん、こんにちは♪
いつもご訪問していただきありがとうございます。
アルママさんは、いろいろなところに行かれていいですね。石見銀山にも機会があれば来られてください。石見銀山は、世界遺産に登録されて観光客の数が急激に増えたので駐車場や施設、交通、お土産店や食堂など全ての点で対応に遅れをとっています。まだしばらく混乱は続くと思いますが、早く整備していかないと観光地としての魅力は半減してしまいます。お金を使いたくても使うところがないといった状態です。遠くから来られる方は、今しばらく様子をみられた方がいいかもしれませんね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。