タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



 幸運の滝周辺で植物観察をしていると気になる植物がありました。最初、キツネノボタンかウシノアシガタと思ったのですが、花の形が違うのです。その原因は花びらの枚数にあります。両方ともふつうは5枚ですが、ここにある花は8~10枚が二重についています。キツネノボタンとウシノアシガタは葉で区別できます。キツネノボタンは3出複葉で小葉は3裂、ウシノアシガタは単葉で3~5裂。葉を見る限りキツネノボタンです。黄色い花の輝きも今ひとつです。ウシノアシガタは花弁が広く黄色の輝きが素晴らしい。家に戻って調べてみるとヤエザキキツネノボタンという名前を見つけました。ネットで調べただけなので、正式な植物名なのかは分かりません。単なる八重咲きのキツネノボタンなのかも知れません。でも、はじめて見るキツネノボタンでした。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ウワミズザクラ 金星と三日月 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。