タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



登山口から見た雲海

西中国山地の山にキノコ採りに行く朝、道のりの途中は朝霧に覆われたところが多かったので、快晴を確信していました。予想道理に霧は晴れ、よい天気となりました。標高1000m近くにある登山口から見る雲海はとてもきれいでした。しかし、足下は白く凍りついていました。最初は霜と思っていましたが、よく見るとまさしく雪でした。
凍ったナメコ



登山口から約10分ばかり登ると、もう尾根道です。やはり、うっすらと雪に覆われていました。しばらく尾根道を歩いた後、目的のキノコを探すために谷筋に下りて行きました。最初の倒木で見つけたキノコは雪に覆われ凍りついていました。ナイフが通らないので指で引きちぎって、きちんとれないものもありました。しかし、ナメコやムキタケがそこそこ収穫できたのでよかったです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 鯛生金山へ① 12月1日東... »
 
コメント
 
 
 
ご無沙汰していました (TOM@桧枝岐)
2007-11-29 08:51:25
タムリンさんこんにちは
すばらしい景色ですね、駒でもこのような景色を見ることがありました。

凍ったナメコはとても冷たそうです、当然味噌汁の具になったことと思います
桧枝岐も昼間はポカポカ何ですが朝晩は一気に冷え込んできます・・・。
ではでは
 
 
 
TOMさん、こんばんは♪ (タムリン)
2007-12-02 22:22:11
TOMさん、こんばんは♪
桧枝岐はこれから雪ですね。
雪景色も美しいでしょうね。
これからの人生、日本の美しい自然をしっかり見ていこうと思います。
ナメコやムキタケは年老いた両親ときのこ鍋にして食べましたよ。大喜びでした(*^_^*)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。