タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



総領町の節分草祭りは、道の駅リストアセンターを拠点に開催されていました。たくさんの出店で、特産物やうどん・そば、ヤマメの塩焼きなどが売られていました。総領町には、節分草の自生地が7か所点在しています。今回は、道の駅から歩いていける2か所と、三次に行く途中にある1か所を訪問しました。


総領町のセツブンソウは、2月中頃から3月中頃までが見頃です。今年は、セツブンソウ祭りが行われる3月8日(日)に訪れました。セツブンソウはキンポウゲ科の早春植物で、中国地方の山間部のごく限られた地域に自生地が点在しています。ここ総領町では、1986年(昭和61年)にセツブンソウが発見されて以来、町の天然記念物に指定し、生育環境の保護に取り組んでいます。


花は白色で、直径2㎝ぐらいです。しかし、花に見えるものは萼片で、花弁はその内側にある黄色の蜜腺に変化しています。


花びらは、5枚の一重が大多数ですが、よく探すと写真のような7枚~8枚の二重の花もあります。色も青みがかったものやピンクがかったものと変化が豊富です。花が縮れたものもあります。


土手の斜面全体に群生している場所もあります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 七国見山(広... 総領町の早春... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。