タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



中岳火口西展望所




草千里を後に中岳火口へ向かいました。火口西に行くには、有料道路を通るか、阿蘇西駅から火口西駅までロープウェイを使います。私たちは有料道路を通り、火口西駐車場に行きました。
中岳火口


中岳火口はエメラルドグリーンの水を蓄えた火口湖を形成しています。そこからは火山ガスが発生ます。二酸化硫黄の発生が活発なときは火口見学は禁止となります。ぜんそくや心臓病を持つ人は対策が必要ですね。
火口跡


今活動をしている火口は1つだけですが、昔の火口跡が窪地となり残っています。残念ながら立ち入り禁止です。
仙酔峡のミヤマキリシマ




一般の観光客は火口西からの見学が普通です。登山をする人は火口東側から登ります。私たちはいったん阿蘇山上から下り、180°まわり阿蘇東駅のある仙酔峡へ向かいました。仙酔峡はミヤマキリシマで有名です。まだ蕾がほとんどでしたが花が開きはじめた株もありました。連休明けからもみじ祭が始まるそうです。
火口東展望所から火口西を眺む


阿蘇東駅からロープウェイに乗り、火口東駅まで行きます。そこから徒歩約15分で火口東展望所です。風下で火山ガスが吹き下りてくるので、高齢の両親にとってはきつい上りとなりました。休み休み時間をかけて登りました。こちらの展望所からは火口湖は見ることができません。噴煙と火口西展望所を望みました。阿蘇東側は荒々しい自然の姿を多く残しており、西側とは趣を異にしています。
サクラソウ

帰りはやまなみハイウェイを九重に向かいました。路沿いにサクラソウが咲いていたので写真を撮りました。九重ではスイさんがよく利用される山里の湯に入りました。炭酸泉のいい湯でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 阿蘇山へ① カイジンドウ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。