タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



フクジュソウ

アマナ



ニリンソウ

植物観察では、目的の植物に出会えても花が閉じている場合が多くあります。つぼみがついていなければ、時期が早いのですが、天候や気温、時刻の関係で開花した花に出会えないことがあります。4月15日は午前中は曇りで、午後から雨が降るかもしれないという予報でしたが、運良く午後はほとんど雨が降らず、時々陽が差すくらいの天候に回復しました。しかし、到るところで多くの株を見かけたフクジュソウやアマナは結局全開しませんでした。チューリップやタンポポの花が晴れた昼にしか開かないのと同じでしょうね。イチゲの仲間は午後がいいですね。スズサイコは早朝でないと開花したところを見ることができません。カラスウリの花もそうですね。ハゼランは午後3時頃から咲き始めるので別名三時花とか三時草といいます。自由な時間が限られているので、天気や時刻を考えた行動がとれないのが残念です。ニリンソウは蕾がちらほら出はじめていました。こちらもサクラソウと同じくゴールデンウィーク頃に白い絨毯のようなお花畑をつくることでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« サクラソウ(... 男池のスミレ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。