夢の調べの言の花

徒然なるひとりごと

なんでもないや(改行済)

2017-04-20 02:07:47 | 日記

※自動改行がオフになっており、
読みにくい文章になっていました。
失礼致しました。





そう言わずとも
いつも
動じない自分でいたい

言葉にするのは
到達できていないから


頑張っても頑張っても
到達できなくて



幸せになりたいだけ
私の幸せはただひとつで

でも
頑張ったさきには
その幸せはないのかもしれなくて



私など必要じゃなくて

ワンクールのドラマみたいに
一過する物語に過ぎず忘れられてしまうのかなって

そんな風に考えるから
私は私の価値が見えなくなる


願いが叶わないなら未練なんてなにもない

誰かの幸せを両手を上げて祝福できない醜い感情は
私が辛くて苦しいから

だけど
それを越えなきゃ
私は悲しいループから抜け出せない




昨日
4月生まれの人の誕生日を祝った


私と先輩が当番だったが、先輩は面倒がって協力はしてくれず、
見かねた看護師が手伝ってくれた

先輩はケーキの下見も、サプライズも何も協力してくれなかったのに
私の切り方にだけ、笑いながら否定してきたけど

とりあえず 終わったからよしとする




嬉しい再会もあって





昨日朝 道路の向こう側から、販売時代のお客様が私に気がついて手を振ってくれていて

帰り 駅前で飲食時代に可愛がっていた後輩と偶然会って、近況を話せて

今日 販売時代の先輩と一年ぶりくらいに会えて







とても嬉しい朗報も聞かせてもらえて
会えて、聞けてよかった
本当によかった



私に恵まれた出会いや縁に
いつも救われて

それでも

その縁と繋がる自分を信じられないのは
もう
くたくたになるくらい
自分に頭に来る


根底から 何か 歪んでいるのかな
理由は全て
自分のなかにあるのだろうけど
後付けの分析は 自分のことはもういいや





自信を持とうと思っても
持てないのは仕方ない

持てるよう頑張っていくしかない

いよいよ先輩になるから
彼女たちが 嫌な想いや理不尽な想いをした時の緩衝材になれるよう

見守って応援して育てていこう



私の軸は結局は何も変われなくて
何かが変わるのが怖くて

ただ
不要になるのが怖くて
それならもう
未練なんてなくて

私の関わる大切な縁に
必要と思いたいのに
些細な変化に 怯えてしまう

安心は 自分が自分を信じてからできるものなのに

どうしたらいいかって

頑張ろう


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 紅茶 | トップ | 新人さん初日 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。