夢の調べの言の花

徒然なるひとりごと

梅雨の朝

2017-06-20 09:06:35 | 日記
梅雨の真っ只中とは思えない晴天の朝

車窓から
紫陽花を見て
ふと記憶が巡る


もう随分生きてきて
幾度も季節が巡って




軌跡が
間違いなく今の私を築いていて
きっと
違う道だったなら
今の私ではなかった


昔よりは
少しは強くなれたかな


強くなくても
負けそうでも
強くなろうと諦めないことは
間違いじゃないことだよね、きっと、と……



泣いても泣いても
心細くても
少しだけ
自分を奮い立たせようと、今日は少しだけ思えるんだ





歯を食い縛る日々だけど

まだ
倒れてないし
食べられているし

ほんの少しだけ、前向きになれた気がするから



このまま
落ち込んでいく歯止めを掛けなくちゃ




それにしても、雨があまり降らないなぁ…

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 帰り | トップ | 宵に想 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。