夢の調べの言の花

徒然なるひとりごと

展示会

2017-04-29 18:05:33 | 日記


玩具売り場時代の後輩と、展示会に行った帰り道。
わたしもお世話になった店長からチケットを二人分もらえたそうで、私も便乗させていただいた。

ほぼ全作の絵本の原画が展示されていて。

一つ一つ、間近で見られて嬉しかった。
原画にしたなら、そのグラデーションの美しさや、配色により心打たれた。
キャラクターの俯きかた一つに施された、さりげない影とか。
瞼に刻まれる、ラズベリーのピンク色や。
初夏の若葉を思わせる、瑞々しい濃緑とか。

そこに描かれた言葉も、
子供むきだとしても、今のわたしにも染み渡る温かくて切ない言葉たちで。


会場は賑わっていて、嬉しくて、誇らしくて、そして、涙を堪えるのに必死だった。

本当に、本当に大好きだよ、と。

一枚一枚見ながら思った。
一時でも、深く関われたことが誇らしくて嬉しいよ。でも、もっと、携わってゆきたかったな。
君たちを愛する人たちの接客に携わりたかったな。

抉られる痛みと、懐かしさと、
でも、変わらず今もね。

誰も知りようもなくても、なんて思われたって、思っていくからいいんだ。
思う居場所が元に戻っただけだものね。

夏には映画になるそうで。

君たちが、もっとたくさんの人たちに愛されてゆきますように。
ずっと、ずっと、刻まれてゆきますように。


頑固なくらい、私は変われなくて。
歪んだり、退化はしているとしても。

悲しいくらい、変われなくて。


今の職場では、強くなければ本当に生き残れないから、
表情が固くなるくらい必死になる。

綻びる時間がなくて、辛いけれど。

こうして、仲のよい後輩や、友人と和える時間があって救われる。

でも、積み重なって軋轢した疲れで、息は詰まったまま。
泣きそうな疲れを解放できる時間が、また少しでもくる日はくるのかな……。















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 木曜日 | トップ | 明日も »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。