川口保 松阪市議会議員のブログ

松阪市議会議員の川口保です。議員活動や市政の報告、また社会の出来事を取り上げています。

松阪市で日韓交流会開催される

2017-06-18 17:16:27 | 日記
                    (松阪市役所で行われた日韓交流会)

 三重県下で日韓親善の役割を果たしている各団体が6月16日に松阪市に集結し、「日韓交流会」を開催しました。この催しは松阪市議会日韓友好議員連盟(川口保会長)が中心となり、三重県日韓親善協会(山口久彦会長)や在日本大韓民国民団三重県本部(殷 慶基(ウン キョンギ)三重県本部長)の協力を得て開催されました。

  
    (挨拶する鄭煥星名古屋総領事)             (挨拶する竹上真人松阪市長)

 この催しが行われた松阪市役所には駐名古屋大韓民国総領事館から鄭 煥星(チョン ファンソン)総領事、姜 錫熙(カン ソッキ)副総領事などが来ていただき、また親善協会や民団の役員などが来ていただきました。また、松阪市からは竹上真人市長、西村友志議長、市議会日韓議連の会員、松阪市議会事務局長、次長など総勢27名が参加しました。

 
   (挨拶する山口久彦日韓親善協会会長)         (挨拶する殷慶基民団本部長)

 交流会では各団体の参加者の紹介をした後、竹上松阪市長が歓迎のあいさつをしました。
また、松阪に来るのは初めてという鄭 煥星総領事は挨拶の中で、「今後の日本と韓国は未来志向を持って、国だけの交流だけでなく自治体や民間の交流が必要です。これからも議員連盟の皆様には役割を担ってほしい。将来松阪市が韓国の都市との交流をするときには総領事館も一役買いたい」と述べられました。
 日韓親善協会の山口会長の挨拶、民団の殷 慶基本部長の挨拶のあと、議員から鄭 煥星総領事に韓国の実情などについていろいろな質問がありました。

 交流会が終ったあと、全員場所を京町の味園焼肉店本店に移して「日韓懇親会」を行いました。焼肉に舌鼓を打ちながら、これからのいろいろな日韓交流の計画を和やかに話し合いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今季最後の5月議会終わる | トップ | 痴漢に間違われないために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL