多聞月記

シルクドゥソレイユのドラリオンをきっかけに中国雑技、サーカス好きになったおっちゃんの月記

ドラリオンのあの人は今 (前半)

2017-06-15 20:14:11 | 杂技の雑記
6月15日はドラリオン日本公演が無事に終了した日ですね。
あの時、ドラリオンを追いかけてた人たちはもちろん、一度きりのドラリオンを
噛みしめるように楽しんだ方も、今のようにSNSなどが普及していない中
「もう会えないんだろうな」となんとなく思った方も少なくないと思います。
しかしながら、世の中の進歩はこういう場合にはすごくプラスに働きます。
去った後に生まれる繋がりがあったり、いろんなことがありつつ、私自身少しだけ
当時のアーティストがその後どうされてたかを分かった部分もあるので軽く紹介しようと思います。

まずはドラリオンが終わった後も雑技団で活躍された方達です。
・レン ツィツィ
・ティンティン
・シアンリー
・ワンビン
・ジョーダン
・ワンジング
・シュアイシー
・ショウボー
・パンチェン
・ユンペン
フルネームだったり名前だけだったりすいません。
まずバレエオンライトチームはドラリオン終了後も5名が残ったみたいです。
そしてドラリオンメンバーを含めた新チームで達成したのがモンテカルロサーカスフェスティバルでの銀賞!

すごいですね。
ツィツィ、ティンティン、シアンリーはその後も文工団解散まで先生として活躍したみたいです。
なお3人とも結婚、出産されてます。
シアンリーは日本公演の時のコーチ、ティンティンは言うまでもないですね。
当時から仲良さげでしたから。
その後、文工団が解散して、全員退団。
この3人の中だとツィツィとだけ去年の8月に武漢で再会することができました。

(シアンリー テレビ番組にて)

(ツィツィ、ジョーダン、ワンビン 2016年8月)

ワンジング
日本公演時はミニキャラクターを演じる子供でしたが、後のメキシコ公演では活躍の幅を広げてました。
そしてドラリオン終了後は雑技団に残り様々なショーに出演したようですが
ディアボロのチームとして国際大会でも賞を受賞しました。
Flag Circus (CN) Diabolo

文工団解散後は武漢でのドラグーヌ作品「汉秀」のオリジナルメンバーとして参加。
2017年5月まで活躍してました。今は汉秀を辞めて、新しい道に進む段階のようです。

(ジング&ワンビン 2016年8月)

ショウボー
ドラリオン後は雑技団でワンビンとペアを組む演技が多かったみたいです。
ただそこまでしかわかってません。

・パンチェン & ユンペン
2人はドラリオンの後からはハンドトゥハンドをやってました。
その後、ドラグーヌの汉秀にオリジナルメンバーとして参加。今も汉秀だと思います。



・ワンビン
ワンビンは先に書いたようにモンテカルロサーカスフェスティバルに参加。
その後、ショウボーさんとコンビで活躍。ただ文工団解散前に退団し、結婚出産しました。
現在は北京で子育てに奮闘中です。日本にも旅行で一度来てます。

(ワンビン&ジョーダン 2017年8月)

・ジョーダン
ドラリオン日本公演中にバレエオンライトライトメンバーとして成長していったジョーダンは
先に書いたようにモンテカルロサーカスフェスティバルの参加メンバーです。
その後、雑技団を辞めて南京でエアロビクスの訓練を受けて、その後、中国でも名門の厦门大学に進学。
そして。。。

卒業おめでとう!!!

最後に
日本公演で女性アーティストが「なんで人気あんの?」と誰もが口を揃えて言った
シュアイシーです。
ドラリオンの後は先生として雑技団に残り後進の育成に取り組んでたようです。
が、
その後も文工団が解散。雑技を辞めて故郷に戻ったことだけわかってます。
写真が一応あるんですが、、、、ちょっと衝撃的なものなので載せません。
衝撃的といってもおかしいんじゃないんですよ。悪いのでもない。
ただ。。。ちょいおっさん化しちゃってます(笑)
個人的に私を知ってて、どうしても興味がある方はメールしてくれたらお見せします。
一応、ツィツィにファンに見せるためって名目でもらったので。
ドラリオン後の現役時代はこんな感じ


というわけで前半でした。後半はドラリオン終了後に雑技団を去ったメンバーです。
残念ながら私が動きを掴めてない人がほとんどなのは申し訳ない。
後半もお楽しみに!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国雑技団の雑技芸人が作っ... | トップ | ドラリオンのあの人は今 (後半) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL