TamonTokyo - 多聞 ブログ

少年サッカーから私立中学受験、そして中高一貫校の生活などを書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学受験に踏み切らなかった小2の秋のこと

2009-02-22 | 駆け込み受験・中学受験
我が家で、実は結構早くから、算数はいろいろ、「思いつきで」教えていました。
ナタクン小2の秋のころの記事 低学年の勉強は机以外で を見返すと、このまま中学受験突入でもよかったのになどとも思いました。
2004-10-21
息子は2年生ですが、私が思いつくままに算数を一緒に歩きながら、お風呂、布団の中とかで教えています。ごろごろしながら、時間と距離と速さの問題、分母 が異なる分数の足し算、掛け算九九を覚えたら次は素数の定義と素因数分解とか。九九を覚えたら、その答えとして登場する数と登場しない数があってその違い を素数という言葉で説明できるからというつながりでスムーズにわかるようです。というか、九九で近似の数字を探っていって判定するから九九を確実に覚える のによいなと思うし。
最近面白がっているのは、割り勘計算です。「4000円を三人で割り勘すると、」とか聞いて、「えー」とか言って考えるので、「すぐにお金を払うからまず は瞬間でお金を集めなきゃ」とか言って、とりあえず、2000円を一人と1000円を二人から集めるとか考えさせてます。

ナタクンの算数の才能はどのくらいか探ってというのもありますが、せっかく掛け算を教えたからついでに、という私の思い付きという程度のできごとでした。

これで、鉛筆を動かして解くようにさせておけば、算数が身についていたのでしょうけど、私自身が中学受験をやったことが無かったせいもあって、具体的イメージは湧きませんでした。ともかく、当時は中学受験させるつもりはなくて、おおらかにサッカーと習い事で過ごして高校受験すればいいやと思っていました。

中学受験に塾は必須と思っていて、塾にやるのはかわいそうかなという想いが先に立って踏み切れなかったといこともあります。また経済的に先が読みにくいし、中高は公立に行って欲しいという思いもありました。
ですが、四谷大塚の教材で親が教えて定期的にテストだけ受けておくというやり方でも十分中学受験は対応できたなと今にして思います。

無邪気に、 鶴亀算を小学2年生のナタクンにやらせていたころ私が中学受験経験者だったら、3年生でニュートン算で...とか中学受験にまっしぐらだったかもしれません。ナタクンに聞くとそんな早く始めるよりは6年生からがよかったといっていますが、どっちがよかったのか、多分答えはでないでしょう。
「ブログ村」参加しています。投票お願いします。 ⇒ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 算数とサッカーの意外な関係 ... | トップ | 公立中高一貫受検を考える首... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

駆け込み受験・中学受験」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事