昇竜が地球を愛する!わし思う故にわしあり!

昇竜のみんなが一緒に愛しあうブログです。

金曜日の夕方 国政が不安定になる(=国の借金返済が不確実になる)ってのは通貨安要因だぞ

2017-07-14 19:35:53 | 日記

@

 

@

姉妹ブログ

http://superdragons.jugem.jp/

http://blog.goo.ne.jp/tamiyajiro2007

野球ニュースhttp://news.yahoo.co.jp/hl?c=base&p=1

名古屋だけガラガラ

カブストレード

金本続投

 

など

ベースボール・タイムズhttp://sports.yahoo.co.jp/column/writer/560
 

 

 

3:
2017/06/27(火) 12:03:10.10 ID:xqhLw9kY

土壌汚染は主に地下資源採掘で起きる
それらは全部新興凶悪国家国有企業の案件

 

4 :
2017/07/10(月) 18:07:43.37 ID:ROY1IRHi0
大陸の近海が死の海でほとんど魚取れなくなってるからな
公海といえば聞こえはいいが、
ほとんど他国の経済水域といっていいようなところにきて掠め取る仕事しかしてない
 
 
8 :
2017/07/03(月) 07:15:28.13 ID:lREaSmYS
>>5
一般に選挙のあとは株が上がる(いわゆるご祝儀相場)
これは、結果がどうであれ選挙結果が確定することでリスク(変動)が減ることによる
都議選でもそれが当てはまるかは、4年前の相場を調べてみないと分からんが
6 :
2017/07/03(月) 07:12:17.19 ID:lREaSmYS
>>4
国政が不安定になる(=国の借金返済が不確実になる)ってのは通貨安要因だぞ
福祉政策への信頼が失われるのは貯蓄選好をうながして通貨高要因となる可能性もあるが
 
 
8 :
2017/07/03(月) 07:15:28.13 ID:lREaSmYS
>>5
一般に選挙のあとは株が上がる(いわゆるご祝儀相場)
これは、結果がどうであれ選挙結果が確定することでリスク(変動)が減ることによる
都議選でもそれが当てはまるかは、4年前の相場を調べてみないと分からんが
 
 

日米金利差とドル円には連動性がある。しかし、6月にかけて10年国債や5年国債の日米金利差が縮小したにもかかわらず、ドル円は4月中旬よりも上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の利上げを背景に日米2年国債金利差が4月中旬よりも拡大しているとはいえ、ほんのわずかな幅であり、これが原因とは考えにくい。

日米金利差と比べてドル円が上昇した原因として考えられることは、「米株価上昇」と「米実質金利上昇」である。

 

9 :
2017/07/03(月) 07:15:50.03 ID:iV/9OndC
euを刺激してドル円の需要が増えた。

ただそれだけ。
 
16:
2017/07/03(月) 08:22:14.13 ID:AOTRwI7k
>>31
金利差だけで通貨価値が決まるかよ、幼稚園から出直して来い

 

続きはJUGEM

 

@

 

紗綾

紗綾強そう_20

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金曜日の朝 全世界の金融資... | トップ | 土曜日の朝あと個別にスマホ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。