野菜ソムリエtamitanのブログ

野菜の美しさを伝える野菜ソムリエtamitanが旬なお野菜を独自目線で紹介します。

MARIAGE FRERES~マリアージュフレール~

2017-04-23 | いろんなコト


私がマリアージュフレールの紅茶に出会ったのは25年ほど前のこと。
当時製菓学校に通っていた妹が研修旅行でヨーロッパに行ったときにフランス土産として買って帰ってきてくれたのだ。それまで我が家にある紅茶といえば日東紅茶かリプトン、たまに頂き物でトワイニングがやってくるくらい。

真っ黒なマリアージュフレールの缶を開けると、なんともいい香りがした。
花やフルーツのほんのりと甘く、それでいてすがすがしい香り。
間違いなくそれまでの私が知っている紅茶の香りではなかった。
「フランスの紅茶ってな~んていい香りなんだ!!」と衝撃を受けたのを覚えている。
フランスで買ってきてくれたものなので、当時それが日本で買えたかどうかはわからない。
今ではマリアージュフレールはフランスの高級紅茶として、百貨店や輸入食品専門店などでみかけることも多い。

今日、友人と元町~三宮をぶらぶらしていて偶然マリアージュフレールのお店を発見した。
神戸に店舗があるのを知らなかったのだ。
壁一面びっしりと並んだ紅茶の缶。
棚を埋め尽くす商品の数々。
お土産の紅茶缶を開けた瞬間の記憶がよみがえり、吸い寄せられるように店舗の中へ。

友人とここの紅茶を昔お土産でもらってね・・・なんて話をしながら商品を見ていると、店員さんが「お伺いしましょうか」と声をかけてきてくれた。
よかったら気になるものをお出ししますよと、カウンターへ招かれる。
壁にならんだ大きな大きな缶をいくつももってきてくださり、一つ一つ説明をしてはフタをあけて香りを試させてくれる。
おお!なんてすばらしい!! トレビアン~っ!!

しかし、こんなことまでしてもらって何も買わずに帰るわけにはいかない。
3種類ほど迷った末、「ボレロ」という銘柄の紅茶を買って帰ることにした。
ルイボスティーのフレーバーティーも欲しかったんだけどなぁ。
一度に2つはちょっと贅沢なので、次回のお楽しみに置いておこう。


うちに帰ってさっそく独りで優雅なティータイム♪
この「ボレロ」は香りだけではなくて実際にお花が中に入っています。
なので花ビラが葉っぱとともに踊るところが見えるようにガラスのポットでいれてみた。(写真には写ってないけど)

どなたかうちにお茶しに来ませんか~?? ケーキ持参で(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筍の白い粉の正体は? | トップ | そら豆食べました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。