そよ風の彩

優しい木漏れ日と、そよ風が心地いい場所を・・・

来生たかおさんが!新聞の週末別冊 be on saturday に載ります!

2017年02月12日 | 音&彩

来生たかおさんフアンにはとっても嬉しいお知らせを頂きました!!

  週末などに朝刊にチラシと一緒に折り込まれている数枚の新聞です。

新聞の週末別冊 be on saturday に「もういちど流行歌」という欄があるのですが、
今日は、異邦人の久保田早紀さんがとりあげられていました。
いつか、いつかここに来生さんが載らないかなーと思いながら読んでて、次回は誰かなと思ったら・・・
なんとなんと・・・そうですそうです・・・
【みちよさん、追記させていただきました!ありがとうございます】

休養中の来生さんですが、こうして幾つかお仕事のご依頼が御有なんですね

  

http://www.asahi.com/be/ryukouka/?iref=com_fbox_d1_01

そして、前回に日記でもお知らせしました

ギルバート オサリバン氏の来日公演も嬉しいです~。

 

今、いちばん欲しいお花です  植える場所がないので、お隣さんちのを見させてもらっています
 
そして、今夜は☟ 呑んでばっかりですが、養命酒ですって^^

ザクロとローズヒップ、これは美味しい! 翌々日はこちら・・でも美味しくなかった(笑)

5杯分?  2杯分で終わりました(笑)

 

                    

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜間飛行(笑) | トップ | 銀座で »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして!! (鼓けいすけ)
2017-02-13 02:52:58
パソコンで検索して下さい。「鼓けいすけのブログ」をやってます。僕は、短歌を詠んでます。稚拙ですが…宜しくお願いします。
初めまして (◆鼓けいすけさんへ)
2017-02-13 17:07:56
鼓けいすけさん 初めまして
ようこそ
短歌を詠んでいらっしゃるのですね。

私にはとても難しい世界かなと思いますが…。

ところで、わたくしのブログは、おもに来生たかおさん大好きな皆さんが集まって語り合っています。

鼓けいすけさんも、もしかして来生さんのフアンのかたでしょうか?
こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。
何というお花ですか? (みちよ)
2017-02-13 17:53:45
たみのすけさん こんにちは

早々のUP有難うございます。
寒さ厳しい最中、ちょっとしたことでも来生さんニュースは心温まりますよね。
土曜の新聞は楽しみではありますが、内容は私達が知ってることばかりかもしれません。
お写真も新しくはないかもしれません。
でもこのお休みの間にも来生さんが紙面の半分近くを飾られるというのはファンにとっては嬉しい限りです。
やはり歌謡曲の全盛期にしっかり「来生たかお」の名を残しているということ。
そして実力があるからこそ今でもとり上げられるということ、ですよね。
どうかその新聞、来生さんの手元にも届くようにと願いたいと思います。

ところでー
そのお写真のお美しいチョコとお花もしかして来生さんにバレンタインに贈った?贈るの?
それとも差し上げた妄想しといて、自分で食べちゃうの?
まさかーおうちのおじちゃん用ではないでしょうし・・・


新聞の週末別冊 be on saturday (◆いずみーるさんへ)
2017-02-13 22:29:56
いずみーるさん  こんばんは!

新聞の週末別冊 be on saturday いずみーるさんも時々
見ていらしたのね
みちよさんが、面白いことをおっしゃっていますが
それでも愛情たっぷりの言い回しで楽しみが倍増です。

今週・・・待ち遠しいです
はい!バレンタインですね^^ (◆みちよさんへ)
2017-02-13 22:56:55
みちよさん こんばんは

このたびは本当にありがとうございます
早速新聞の週末別冊 be on saturday の事が載っていないか
朝日新聞で検索してみましたが、おバカなたみのすけには探せませんでした。
それで、今更、小声でお聞きしますが
この新聞の週末別冊 be on saturday というのは・・
朝日新聞を購読している方だけ?

?でも紙面の半分ということは、全国区朝刊を購入したら読めるんでようか?

ならば、朝一で駅の売店へ走ります

確かに私たち熱烈な(笑)フアンにとっては、知っていることばかりかも知れないけど
それでも、とにかく新聞紙面に来生さんが載るのは
フアン冥利につきます

みちよさんがおっしゃるとおり、今ここにきてとりあげてくださるということは
確かに来生さんの実力あってこそですし、そして底に秘めた魅力が色あせない証でもありますよね。

おそらく、オーケストラ共演のことや40周年を過ぎて
休養中のお仕事のことや・・・
あとはなんだろう?休養中の私生活は語らないでしょうね(笑)
これがいちばん興味深々ですけど

まあ、とにかく楽しみですね~!

あ、このお花はラナンキュラス(ワンダーランド)何枚もの花弁が重なり合って、まるでバラのようです。可愛いでしょう

そして、チョコは「炎のチョコレート」カカオ豆を炭火焙煎し
眠る美味しさをひきだしたビターショコラです。
スプーンで食べるんです。

これね、先日後輩が硬貨を派手にひっくり返して
床をはいつくばって拾い集めたお詫びにと、くれたんです。
先輩の私は、拾いながら  もうおおーー大変だわ、団子でもおやつにもらわなきゃ
冗談を言ったら
本気にしてたった20分しかない休憩時間をつぶして買ってきてくれたの。
たみのすけ・・コワイ先輩だったかな
be (みちよ)
2017-02-14 21:30:47
たみのすけさん こんばんは

本日のバレンタインは・・さておき・・
朝日新聞のbe、私の説明不足でしたね
わかりやすく言うと、朝日以外でもあるかと思うのですが、週末などに朝刊にチラシと一緒に折り込まれている数枚の新聞です。

で、肝心な何処で買えるかですが
配達所は街のコンビニならあるだろうと。
でも駅内のコンビニは別ルートやらで本社に聞かないとわからない。
本社はコンビニに聞いてくれと言われてしまいました
確実なのは配達所で、当日でなくても2~3日なら置いてあるみたいです。
ということで、もしコンビニで買うなら新聞にbeが挿んであるか確認してからにして下さいね。

ラナンキュラス、見かけどおり素敵な名前ですね。それにしても花弁の枚数が見事で、美しさのアピールをしているかの様で華々しいです。
ラナンキュラス・・花の名前をあまり知らない私・・明日には忘れてそうです

チョコは訳ありだったのですね。それにしてもパッケージが綺麗で、しかも “眠れる美しさを引き出す・・”だなんて、後輩さんのチョコ選びのセンスが光ってます。
さて、先輩がコワイからチョコを買いに走ったのかー
気配りのできる後輩さんだからこそ買いに走ったのかー
どっちなんでしょうか・・


Unknown (みちよ)
2017-02-14 21:40:02
年の為~beはあくまで〝朝日新聞〟の折り込み新聞です。
〝朝日新聞〟の折り込み新聞です。 (◆みちよさんへ)
2017-02-14 22:12:19
みちよさん  こんばんは!

ご丁寧な紹介、ご説明ありがとうございます。

しかも、新聞本社やあちこち聞いてくださり、
お手数をおかけしました。
面倒見のよいみちよさんに感謝です

〝朝日新聞〟の折り込み新聞です  ここ重要ですね!
よーーーく確認してから買いますね。

そうだ!明日は仕事なので職場の方々に聞いて
是非ともくださいとお願いしておこうと思います。

コンビニへも行くつもりですが万が一に備えます。
もうこうなったら、どうしても読みたくてしかたないですからね。

ワンフロアに60名は居るんですから、数人は朝日新聞を購読していますよね

チョコをくれた後輩にいち早く聞いてみよっと(笑)

来生さんちは「朝日新聞」ですよね?何の根拠もないけどそんな気がします(笑)

土曜日の早朝ご自身の記事をどんなお気持ちでご覧になるんでしょうね?
春の香 (いずみーる)
2017-02-16 18:18:36
たみのすけさん、こんにちは

写真のお花は沈丁花ですよね。たみのすけ邸の周りでは沈丁花が咲きそうなのですね沈丁花のいい香りに包まれて春の始まりですね~うちの方はまだまだです
沈丁花の香りがするとどこに咲いているのか探してしまいます好きなお花です


私もお正月にハーブのお酒も飲んだのですが、これは体にいい飲み物というくくりでお酒ではありません(笑)
だから呑みすぎではないです
沈丁花 (◆いずみーるさんへ)
2017-02-17 00:15:39
いずみーるさん  こんばんは
またこんな時間ですけど(汗^^)

沈丁花 一見地味なお花だけど、花弁がしっかりしていて
だらしなくない(笑)
そして上品ないい香りがする  こんな女性になりたいな(笑)
香りといっても、立ち振る舞いの姿のほうね。

写真のお酒・・・これね 養命酒 からでているんですね~
身体にいいお酒 アルコール10%なのに、すごく飲みやすいの
しかも全く酔わない(あ”酔わないのは私のせいかしら(笑))
ロックで美味しく飲みました。

いずみーるさんも吞めるようなので、一泊でオフ会やりたいですね。
そしたら、帰宅を気にせずに、呑んでのんで寝る(笑)

コメントを投稿

音&彩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL