■Tamincle Weblog 【・x・】

タミの日記、戯言。【・x・】

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明日の予定

2005-01-21 22:57:42 | 音楽
明日、入籍したばかりの会社の後輩宅へラブラブ空気を吸うために行く。行って鍋作って帰るってカンジだ。ラブラブ空気 吸い干してやる、コンチクショウ(笑)。同僚は俺に何か曲を弾けというのだが、キーボードが壊れていてダメというコトで断った...のだが折角だから新しい鍵盤を買ってしまおうというコトで泉のデンコードーにて CASIO の安い電子ピアノを購入。タッチがフルウェイトな鍵盤だ。

帰宅してから明日の演奏に向けて練習。かなり集中。集中しないと QMA をやりにゲーセンへ出てしまうし(爆)。ハノンの最初あたりをさらう。痩せたせいか、久々にフルウェイトでの演奏はキツい。曲目はグリーグの「トロルドハウゲン婚礼の日」を弾く予定。ガシガシガシガシ....。

この記事をはてなブックマークに追加

Buffet Crampon

2004-12-08 02:28:10 | 音楽
題名、ビュッフェ・クランポンと読む。フランスの楽器メーカーなのだが、特にクラリネットが有名だ。世界中の殆どのプロなプレーヤーはこのメーカーのクラリネットを使っている。音色やら何やらがステキなのである。名前が長いのでクランポンという呼び名が一般的である。

高校生の頃、科学部へ入ろうとしていた俺が ひょんな事から吹奏楽部へ入ったのだが、ピアノやらは経験があるのだが管楽器の経験が無かったのである。担当することになった楽器は当時 人数不足であったクラリネットだったのである。これが俺とクラリネットの出会いだ。学校にあった楽器を暫く使っていたのだが音色がイマイチである。自分の技量不足でもあるのだけど楽器の音が出ない。リードをあれこれ買い漁ったり実験をしても変なクセがつくだけで思い通りの音が出ない。きっと楽器のせいだ!楽器が欲しい!出来ればクランポンが良い!でも、非常に高い。クラリネットで仕事をするワケでもないし手にしても仕方ないのではとか思っていて我慢をしていた。

ある日、クラリネットを吹いていた従姉妹から使っていたクラリネットを貰ったのである!しかもクランポンだ。R-13 という型番。ドキドキしながら ちょっと吹いてみる。うお、芳醇な味わいとコク(?)、それでいてクラリネットの音がする!楽器が吹くのが楽しくなった。基礎練習は好きではないので影でコソコソこなして、あとは好きに楽器を吹いていた。俺の溢れんばかりの才能と音楽性の豊かさや、そして何より楽器の音色の美しさによって実力も大した事無い大バカ野郎から嫉妬を受けながら楽しく吹きましたとさ。

あれから何年も経過してクラリネットが我が家で ほったらかしになっている。偶に吹いてみたい気もする。昨日の日記みたいに、ふと「クラリネット」というコトバを耳にするとドキッとするんだな。誰かが吹けと言っているんじゃないかと。

Web でクランポンのクラリネットのラインナップ調べてみた。クランポン社の Web ページは見つからなかった。俺が学生の頃の最高機種は elite というモノで \650,000- するモノだ。高い。ところが今年新しい機種が出たらしい。Tosca というモノで \730,000- だ。プロのプレイヤーの評価によると、素晴らしすぎるらしい。一度でいいから吹いてみたい。

管楽器って、ピアノとかでは絶対に出来ないような色々な表現ができる事を学んだので吹奏楽部に入っちゃったことは俺の表現技法が広がったという意味では非常に有意義であった。その後に始めた midi な作曲に十分に活かすことが出来たし。:-)

- - -

ちょっと調べてみたメモ:(価格昇順)
    B-12(ABS樹脂), E-11, E-12, E-13, C-13(カタログから消えていた!), R-13(タミ所持), R-13 GL(New!? GL とは、Green Line で、割れにくい版だそうで。), RC(俺の師匠、仙台フィルハーモニー管弦楽団の副島先生がご使用), RC Prestige(あれ?昔は単に Prestige って名前だったハズ), R-13 Vintage(New!?), Festival, elite(カタログから消えていた!もう見かけることはないのだろうか?), Tosca(New! 吹いてみたいなぁ。)


この記事をはてなブックマークに追加

あの曲に逢いたくて...しょの1 「MICHEL CAMILO」

2004-10-19 01:01:11 | 音楽
日曜日の深夜に「あなたに逢いたくて(TWO MUCH)」(1996年)という映画が放送されていた。ボーっと見ていたんだけど、エンディングのスタッフロールで流れている曲が凄いカッコイイので聴き惚れていた。とくにパワフルなピアノが。ああっ!いけない!録画しよう!と慌てて録画。

ちょうどスタッフロールに作曲者の名前が出ていた。MICHEL CAMILO (ミシェル・カミロ)か。うーん、ラッキー。これで探せるな。サントラとかアルバムとか出ているかな?と調べてみたら、超有名な人らしい(^^:)。単に俺が無知なだけだった。ソクラテスの気分(なにそれ)。

公式サイトは、http://www.michelcamilo.com/http://www.ejn.it/camilo/とのこと。

この記事をはてなブックマークに追加

コペルハウスのCDを入手!

2004-09-04 12:20:04 | 音楽
宮城県にコペルハウスという住宅建築会社がある。この会社のCMソングがあってTVで流れているため、耳にした人も居るかもしれない。某 2ch では洗脳ソングのスレで ちょっと取り上げられたりしたらしい。良く知らんけど。

このCMソングは非売品のCDが存在し、コペルハウスの家を買うと このCDが貰えるらしいという噂を耳にした。


この記事をはてなブックマークに追加