2020年に向けて

2013年9月オリンピックが東京に決まった年から、2020年のオリンピック開催年までの7年間の挑戦の日々の記録。

第百八十六回目のブログ

2017-06-17 09:17:47 | 日記
釧路町 ツリーハウス
 
 こういう切り妻屋根の建物って簡単そうに見えてかなり難しいです。今回の建物もどうも屋根の比率が変です。今度写真を見て、どうやったら違和感なく平面化できるのか研究してみたいと思います。しかし最近寒い日が続きます。昼はそれなりに暖かいですが、スケッチをしていた夕方などは、昼間鳴いていた虫の声も止まり、死の世界のようです。
 
Ⅰ.鑑定士試験
  今週は大荒れの一週間でした。予想外のことばかり起きる上、ついつい勉強をしたくない逃げの心がでて、仕事に逃げてしまいました。ここは心を鬼にして勉強を頑張るしかないと思います。特にミニテストや過去問が停滞しています。これを改善してなんとか必ず毎日過去問研究を入れていきたいと思います。正直、今の力では勝負にならない気もするのですが、ここまできたらやるしかないと思います。
 This week was very disorderly.So many unpredictable things happened then I don’t want to study immediately so I escaped to work. I must become devil to concentrate on study. I was stagnated of mini test and past problems. I must resolve those stagnation and I study past problem everyday somehow. Frankly I can’t battle this exam by my present ability, but I have to study until end

Ⅱ.仕事
  今の時期は比較的暇なのですが、何もしなくてもいいというわけではありません。とにかく自分で仕事を見つけて色々なことをしているのですが、ついついそれが楽しくて、色々なことが後回しになったり、無意味に残業してしまったりしています。この仕事は個人的にはあまり好きではないのですが、自由度が高いという点では、大変ありがたいです。この自由度をどうやって使っていくかが大切です。

Ⅲ.創作ネタ
  私は人間を描くのが下手だなぁと思います。人間の感情を高ぶらせ感動に持っていくだけの技術と能力が私にはありません。実生活でもそうで、今ひとつ人間関係が上手く行かないのも、そういう人の感情がよくわからないからなのかもしれません。取るべき道は二つあり、一つ目は人間を描くことを捨てて違う部分で優れた作品を残すこと。もう一つは、様々な経験を積んで人間の感情を上手く表現できるようになること。どちらも難しいですが、絵画ならまだしも小説や漫 画では人間を描かない作品は殆ど不可能といえるでしょう。よって後者の道を選びたいと思います。
 I don’t good at describe humans emotion. I don’t have ability to bring the human to powerful emotion. Maybe my failing of human relations in real life is a caused of no understanding about that. I can chose of 2 ways. One way is that I specillize non human things. Another way is that I acquire experience about human relations well for writing novel. Those ways are difficult but work can’t accomplish without human at all. So I should chose later one.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第百八十五回目のブログ | トップ | 第百八十七回目のブログ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。