2020年に向けて

2013年9月オリンピックが東京に決まった年から、2020年のオリンピック開催年までの7年間の挑戦の日々の記録。

第百八十一回目のブログ

2017-05-15 16:12:38 | 日記
札幌市 豊平館
 
 おそらく札幌三大近代建築をあげろと言われれば、時計台、道庁、そしてこの豊平館だと思います。建築年は日本近代建築の中でもかなり早い明治12年。近年復元改築が行われ、綺麗な姿を取り戻しました。テスト前にも関わらず、ついついスケッチをしてしまい、誘惑に勝てず中までじっくり見てしまいました。道庁とよく似た異様な天井の高さと空間の広さが特徴的です。もう少し引いた構図で描いた方が良かったのですが、池の対岸にベンチがあるのも気がつかずに、証明の置いてある台に座って描いたのでちょっと窮屈な絵になってしまいました。
 
Ⅰ.鑑定士試験
 不動産鑑定士試験短答式試験終わりました。試験そのものも疲れましたが、それ以上に札幌に行くのも大変でした。とても同じ道内の都市とは思えません。道内各都市間に飛行機が飛んでいるのもよくわかります。試験自体は行政法規は例年より簡単。鑑定理論はなんか問題自体が変な問題が多く分かりにくかった気がします。実務的というよりは、問題文の抽象性が強く、答えを出しにくい問題が多かったと思います。おそらく合格ラインに達したとは思いますが、それでもスタートラインにたったにすぎません。この一週間で、論文式試験に向けてどういう勉強をするのかよく考えていきたいと思います。
 The real estate appraiser first stage exam finished. I was very tired by the exam itself but I have more stress to arrive Sapporo city. I can’t think it is same Hokkaido. I can understand the reason why airplane fly between the cities in Hokkaido. Administrative law wad easier than ordinary year. Real estate appraisal theory has so many strange problem and I can’t understand those mean. It isn’t practical but so abstract. I think I can reach the pass grade but it is the start line for me. I want to make plan in this week for second stage exam.

Ⅱ.仕事
 なんか忙しい一週間でした。とにかく勉強をしなければならないのは当然として、色々と横やりの入ることが多い日が続きました。勉強と仕事の両立がいかに大変かがよくわかります。その大変さは今後より高まっていくと思いますが、短答式よりも論文式試験勉強の方が創造性がある分楽しめると思います。この一週間できちんと予定を立てて頑張っていきたいと思います。

Ⅲ.創作ネタ
 大都会に出たり試験を受けたり、いつもと違う経験をすると小説のネタになります。しかしコネタを大量に集めても大きなストーリーにならないのが最近の悩みです。プロの作家等はどうやってストーリーを構成していくのでしょうか。しかしやはり私は旅が好きです。こんな試験のさなかでも、余った時間で街中を散策してしまいました。北海道大学のキャンパスも何度も訪れていますが、毎回新しい発見があります。本格的に勉強を始めたらもう時間的な余裕はないと思うので、今週だけは少し創作活動に励みたいと思います。
I can get inspiration by new experience like trip for big city or taking the exam. But small idea don’t access to the big story. It is my problem for me. I want to know how to make the story by professional writer. Well, but I like trip very much. I walked around the town between the exam. I can find out new thing in campus of Hokkaido university every thime. I want to use my time to write some novel in this week, because I can’t do so that when I begin study for second stage exam.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第百八十回目のブログ | トップ | 第百八十二回目のブログ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。