困ったオヤジが行く

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「スーパーなカブ」そのⅦ

2017-07-12 17:51:21 | バイク

「スーパーなカブ」は排気管の処理で行き詰っていました。  クラブマンのエキパイが上手くつかないのです・・・。   9月2日の「カブ主総会」までに高速道でのセッティングと高所の気圧対応を済ませるには、7月中にナンバーを取っておかないと。

で、現状は見た目変わっていないが、排気ストレート管の2か所に自作ディフューザーパイプを入れ、ステンレスタワシも3個いれました。  これで消音と排気抵抗はクリアーの筈。   吸気抵抗はエアクリのスペースが無いので、検討中。  ん?排気管はどうするかって?  ゆっくりやります。

現状は、スピードメーターとタコはここ♪

排気管は、暫定でこう。  キャリーのマフラーを繋いで自作しました。

全体像は。

フロントフェンダーで苦労しました。

レッグシールドは、付けるとカッコ悪くなる・・・。    しばらく無しで様子を見ます。

エンジンもアイドリングも快調です。

ガソリンタンク、どうしようか。

-------------------------------------------------------------

言葉足らずの追記です。 

「 高所の気圧対応」ですが、学生時代に恐山に行った時に、数名が恐い思いをしました。  たぶん「祟り」ではないかと、当時は・・・。  むつ市から恐山に登る細い参道にはカーブ毎に赤い前垂れを掛けたお地蔵さんが立っていました。  バイクで登り始めて数分・・・エンジンの調子が・・・  だんだん吹けなくなり、チョークを引いても・・・   そう言えば以前にも同じ事が・・・ 

3台がリタイアし、我々も引き返しました。   陸奥湾沿いまで下りれば、3台とも「陸奥湾サーキット」のバイクの様に復活する・・・

そうです、パワーフィルターやファンネル・ビッグキャブ等にチューンしたバイクは、平地では快調ですが、高所の気圧の変化にまで気が回っていない場合が有る。  ノーマルを超える高性能は難しいと言うのは、これなんです。 

吸気抵抗と同じに大切なのは、排気抵抗です。  4サイクルでも2次膨張室を設けたり、わざと排気抵抗を持たせるのは必要が有っての事。   エアクリやマフラーを、ただ単にレーシングメーカーの物に替えただけではノーマルに勝てない。(音だけなら・・・)

と言うウンチクと、吸気も排気も替えてる「スーパーなカブ」のセッティングの苦労を、少しは理解して欲しいんです。  「カブ主総会」の開催される「薬研温泉キャンプ場」は、この恐山の陰に有るのですよ。  セッティングが甘ければ、最悪辿り着けない場合も・・・。

でした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪天候の中、長慶峠へ | トップ | チョットお披露目 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カブ風に行くなら・・・ (野狐)
2017-07-12 19:42:24
カブ風に行くならリヤに灯油のポリタンクをゴムひもで積んでそこから給油ですよ (笑

採用! (マニア次長)
2017-07-13 09:06:40
え”、ポリタンにガソリンですか?
野狐さんのご意見ですから、採用します。
私、乙四類は持ってるから、ご心配なく。
ゴムひもは却下で、荒縄にします♪

ハンターカブのサブタンクに対抗して、ダイソーの湯たんぽも採用ね。
「カブ主総会」来るな!と言われそう・・・。
みんな一生懸命、真剣にカスタムしてるからなあ。金掛けて・・・。

部外者だから、いいか。

マニア次長殿へ、 (あらい@富山)
2017-07-17 20:55:49
もはやこれはカブの域では無いでしょう!(笑)

私なら1.8リッター焼酎の空パックにガソリン詰めて携行します。
空になったらコンビニで捨てれるし(笑)
照れるなあ (マニア次長)
2017-07-17 21:35:52
あらいBさま、おヒサです。
これはXLOC規格、まごう事なき「スーパーなカブ」です。
フレームも重要保安部品もエンジンもノーマル。
ノーマルでないのは、私と胃袋です♪排気のケツも?
前籠には、焼酎のボトルとヤカンですか。
リアキャリアには、農協のリンゴ箱・・・。
ヘルメットにはXLOCの手拭いでほっかむり?

ウン、夢が膨らむな~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。