≪世のため・人のため≫ため仁史奮闘記!

日本共産党衆院大阪15区国政対策委員長ため仁史(爲きみひと)公式ブログ

松原のみなさんとご一緒に宣伝してきました

2017-07-29 17:23:30 | 日記
 今日はお昼から松原の岡、立部、上田などで、後援会のみなさんと宣伝を行いました。
 いま語るべきことがたくさんあり、稲田大臣の辞任、加計・森友疑惑、憲法九条改悪、安倍暴走政治を語るときりがありません。
 いよいよ安倍政権の「うそとごまかし」の化けの皮がはがれ、白昼のもとにさらされた。安倍政権の本質と安倍政権に代わる「市民+野党共闘」の可能性についてはぜひ語りたいところです。政治の激変の可能性は、良識ある国民一人ひとりの力によって大きく切り開いたと実感しています。「野党共闘」を提唱した日本共産党は引き続き、市民のみなさんの声に真摯にこたえ、野党のみなさんと力をあわせ、立憲主義を守り、平和を守る先頭に立ってがんばる。その決意を訴えました。
 わたしが訴えている間、地域の後援会のみなさんは、ビラを配り、声を出して訴え、のぼりを掲げ、「九州大水害救援募金」を訴えておられました。今日も暑い日でしたが、みなさんの奮闘に応え、がんばる決意もあわせて感じましたく。
 厚労省の発表では、平均寿命、女性87.14歳、男性80.98歳だそうです。戦後すぐの1947年は女性53.96歳、男性50.06歳です。平和であることが何よりです。人の命が軽々しく扱われる戦争を繰り返してはいけません。あの戦争に無反省で、美化までする安倍政治、それを支える自民党・公明党・維新の会を、解散・総選挙に持ち込んで、少数にしなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社保協の自治体キャラバンに... | トップ | くらしの厳しさ反映し身近な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事