≪世のため・人のため≫ため仁史奮闘記!

日本共産党衆院大阪15区国政対策委員長ため仁史(爲きみひと)公式ブログ

「野党は共闘せよ」と訴える大阪15区市民連合のみなさんとご一緒に宣伝をしました!

2017-08-09 13:37:50 | 日記
 9日の午前中、酷暑の中でしたが、大阪15区市民連合のみなさんが行った「富田林エコールロゼ前」の宣伝にご一緒しました。
 色々な団体や個人のみなさんの訴えに交じって、わたしも日本共産党を代表し訴えを行いました。
 安倍改造内閣が発表され、新閣僚が発言をしていますが、加計疑惑について「再調査の考えない」、沖縄県民が強く反対する新基地建設について「辺野古が唯一」、国民の基本的人権をく深く侵害する共謀罪法について「運用していく」、国民の反対でとん挫したTPPについて「署名にむけとりくむ」など、首相は「おわびと反省」といいますが、おわびも反省もまったくありません。森友疑惑で問題になった侵略戦争・天皇制賛美し、戦前復古をめざす日本最大の右翼団体「日本会議」に所属する閣僚が実に13人。顔が変わっただけで中身は何も変わっていません。
 この安倍政権が国民との矛盾をさらに広げることは確実です。「市民連合」のみなさんとご一緒に宣伝を行いながら、安倍暴走政治を終わらせるためにも「市民と野党の共闘」を力強く発展させることが大切と強く感じました。
 「市民連合」のみなさんの力強い活動にはいつも元気をもらいます。市民と野党の共闘を大きく発展させるとともに、「ナガサキ原爆投下72周年の記念日」、平和と立憲主義を取り戻すため、「野党共闘」を提唱する政党として、頑張る決意を新たにしました。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活相談を受けて感じたこと... | トップ | 「人類と核兵器は共存できな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL