≪世のため・人のため≫ため仁史奮闘記!

日本共産党衆院大阪15区国政対策委員長ため仁史(爲きみひと)公式ブログ

富田林金剛北地域 落語にビンゴ 楽しさいっぱいの後援会活動

2017-04-29 16:55:37 | 日記
29日、富田林の金剛団地で活動している金剛北後援会の行事に参加しました。地元の田平まゆみ富田林市議が市政報告を行い、若干の質疑応答。田平まゆみ議員は一期目の若い議員さんですが、はつらつとしていつも元気いっぱいです。田平議員に続いて私が国際情勢などを報告しました。早朝に北朝鮮がミサイルを発射。繰り返される暴挙に対し厳しく糾弾しました。いま北朝鮮に対して「やっちまえ」「せめてやれ」と勇ましく武力行使をあおるマスコミ報道が主流です。戦時中の大本営発表のようで怖くなります。北朝鮮問題を軽視するわけではありませんが、政府は、北朝鮮を隠れ蓑にして、森友問題を隠し、共謀罪の危険を隠し、閣僚の不祥事を隠し、挙句の果ては「戦争法は正しい」「軍拡が必要だ」と言い出しています。しかし、無法な国であっても、国際法と国連憲章のもと、国際社会が一致団結して対応することが大切です。無法な国だからこそ大切です。後援会行事の後半は、とんこさんという落語家のお話、久しぶりに気持ちよく笑いました。それからビンゴゲーム。日本共産党の行事はどこに行っても笑いがあり、楽しみにあふれています。堅苦しい主張だけではない、共産党の姿をもっとたくさんの人に知ってほしいものです。※偶然あらわれたカナヘビです。富田林もまだまだ自然にあふれています。大切にしたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とてもいい天気! 歴史と自然に触れた松原宣伝!

2017-04-28 15:42:14 | 日記
 28日、松原の後援会のみなさんと宣伝をしました。西大塚、立部、丹南、岡、上田とまわりました。松原でもこのあたりは田畑も多く、池もあって、街が広がる他の地域とは少し雰囲気が違います。ツツジも満開、花壇のフリージアも満開でした。国政問題はもちろん、市長選挙のうえ松えいじさんの政策などを訴えていると、お客さんを乗せたタクシーの運転手さんが手を振ってくれるなど、至る所で反応があり、好天にもめぐまれ、気持ちのいい宣伝ができました。午後は、千早赤阪役場前で、村議選をたたかった候補者と一緒に報告を兼ねた宣伝を行いました。※宣伝をした近くに出岡弁財天がありました。4世紀後半に百済から招かれた王仁の聖堂と言われています。宮ノ池の上に建てられた聖堂ですが、遠く上流には狭山池(日本最古のため池)があり、今は松原新堂の灌漑用に水を供給しています。この辺りは、旧石器時代の遺跡も残っています。それぞれの時代に人の営みがありました。松原、南河内は歴史豊かな地だと改めて実感しました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

桐が満開 河内長野で宣伝をしてきました

2017-04-27 21:36:18 | 日記
27日、今日は河内長野の後援会のみなさんと宣伝に行ってきました。天気もよく気持ちのいい宣伝になりました。訴えたのは、安部政権と閣僚の非情さです。復興大臣の辞任、普天間新基地護岸工事の強行を見ていると、安部政権の極端な程度の低さはもちろん、国民に対する非情なまでの冷徹さを感じます。東北で苦しむ人たちも、原発事故でふるさとを奪われた人も、その人たちにどのような責任があるというのでしょうか。沖縄にこれ以上の基地は要らないとオール沖縄で頑張っている沖縄の人たちの声を一切聞かないで海にコンクリートを投入することに、どんな道理があるというのでしょうか。大企業やアメリカの利益ではなく、仮にも政府を預かるのであれば、国民の声にこそ耳を傾けるべきです。安部暴走政治をこれ以上続けることは大変危険です。安部政権に変わる野党共闘の政権をしっかりと示して頑張りたいと思います。 ※河内長野も花で溢れていました。特に桐の花が満開でとても綺麗でしたよ。赤嶺のグランドのそば、バイパスに面した茂みの桐の木はとても大きくりっぱでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の中、松原で宣伝をしてきました

2017-04-26 15:24:28 | 日記
26日、雨が降っていましたが、松原の野口まち子議員と後援会の方とご一緒に、市内8ヶ所で宣伝を行ってきました。はじめに野口議員が市政の問題や迎える市長選挙でお世話になるうえ松えいじさんの政策や人となりを紹介し、私は国政の問題を訴えました。雨のため人通りは少し少なかったかな。それでも何人かの方が手を振ってくれました。松原市長選挙を来月に控えています。うえ松えいじさんとご一緒に頑張ります。※近くに来たキジバトをこそっと盗み撮りしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

声を出し続けることが大切と実感

2017-04-25 17:42:59 | 日記
 富田林の街づくり実行委員会が10年に一度、活動の総括を行います。わたしもいま、生活保護、国民健康保険、学校給食、就学援助などの分野の変遷について原稿を書いています。
 色々な場面や住民の運動があり前進させてきたことがたくさんあります。同時に当局とのやり取りの中で、国や府の悪政の影響もあり、思うような前進が勝ち取れなかったものもあります。
 それでも、声を出してきたからこそ、制度を守り、制度を前進させることができたことは確信になります。民主主義も、平和も、福祉も教育も、だまっていて守られているわけではなく、みんなで声を出してこそ守られていることを実感します。
 いま、安倍政権は「戦後レジュームからの脱却」といい、戦後の価値観を否定し、戦前に回帰させようとする動きを強めています。今度の総選挙で、改憲に必要な3分の2を与える事態になれば、憲法改悪にすすむ可能性が一気に高まります。自民党の憲法草案の内容は、戦争する国づくり、人権の否定です。しっかりと声を出して、自民党・公明党と補完勢力である維新の会を少数にするためがんばります。  ※わたしのリーフレットができました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加