Truth Diary

タイトル名は眞琴の日記を英語表記、リタイア後の些末な日常を書き散らしています

桜吹雪の中

2017年04月19日 | お花見

 朝から大荒れの暴風警報が出されている中、過去最高の参加人数で恒例のサークルお花見が挙行された。各自持ち寄りのお菓子や自慢の御新香、ワインなどでシート上は溢れんばかり、強風でブルーシートがめくれない様にテントのペグや、石で押さえて、雲間の太陽が眩しい中花見の宴を開始した。
 突風に花弁の当折りやビールの紙コップが飛ばされそうになり、必死に抑えながら根性で飲み、そして食べきった。サークル創設以来代表としてお世話いただいたE氏が今期から退かれたので、永年の御努力・功績に感謝の意を込めて皆で記念品を贈呈した。
 ゲームリーダーが場を盛り上げ、アルコールも廻り始めて爆笑の連続、桜の下で和気藹々の雰囲気のまま名残惜しかったがお開きに。記念写真のシャッターボタンを押そうとしていたら、背後から欧米系の若い留学生が笑顔で「シャッターボタンを押して差し上げます」と。
 流石東北大学構内、その国際親善に感謝し皆でハイポ―ズ。早くから場所取り、買い出し、会計、進行といろいろとお世話いただきました役員の皆様おかげさまで楽しい花見が出来ました感謝。

染井吉野は大分風で散らされてしまったがこちらの枝垂れ桜は健在

桜の花にも負けぬプレゼントされたプリザートフラワーの美しさ

 

ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花・華・はな | トップ | 山のマナー違反 今が来るの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。