Truth Diary

タイトル名は眞琴の日記を英語表記、リタイア後の些末な日常を書き散らしています

組織検査結果にひと安心

2017年05月18日 | 健康

 三週間前に人間ドックを受け胃カメラ検査でポリーが見つかり、その組織一部を採り生体検査をした結果が判明するので仙台徳洲会病院に行った。結果が判明するまでは、気にしないようにしていても癌だったらなどとよけいな事を考えてしまっていた。しかしよけいな心配をするより、結果が出てから考えようと決めなるべく意識しないようにしてきた。
 そして今朝には結果どうであれ受け入れようと腹をくくり重大な判決でも受けるような気負った気分で家を出た、結果は悪性の腫瘍でなく単なるポリープで心配ないとの事。また「ピロリ菌の検査は受けていますか」出来ればそれも調べておいた方がよかろうとの事。安心した。診察を受ける前に血圧を測って置いてくださいと張り紙がありいつも通りに計ったら上が180もあった、平常心のつもりが血圧は正直だ。先のカメラ中に全体的に内部がただれていますとの事、これは毎日飲んでいるせいだろうと得心がゆく。ここ数年はストレートでウエスキー飲むようになったのが良くないのかもしれない。先ずは今まで通りお酒を飲めると言う、嬉しい限りだが節制も忘れないようにしようと思う。

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞社の用字基準に一言 | トップ | 仙台青葉祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。