Truth Diary

タイトル名は眞琴の日記を英語表記、リタイア後の些末な日常を書き散らしています

失礼しました高安関

2016年10月13日 | つれづれなるままに

 宮城県図書館、展示ボランティアOBで構成する古典読書の例会が宮城県図書館であった。その中で「高安」と言う処が出てきた。題材は平安時代前期に書かれた、和歌を中心とする恋物の伊勢物語、作者は在原業平と言われる。
 大相撲9月場所、好成績で敢闘賞を獲得した関脇高安、兄弟子は絶えて久しい日本人横綱を期待される大関稀勢の里だ。高安は外国人かと思わせる毛深さで、風貌もいかつい関取だが四股名のいわれは何と雅な伊勢物語にあったとは何と異な取り合わせか。
 今まで安直な四股名だと思っていたがこうした深い謂れがある四股名である事を知り、日本書紀に出てくる 野見宿禰(のみのすくね)からの伝統ある大相撲だけに流石その深淵を垣間見た気がした。高校時代ぜんぜん勉強しなかった古典、今頃始めたが難しい。それはさておき目指せ大関!!高安関。

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人とクジラ | トップ | 面接授業を自宅にて、WEB会議... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。