人生はコーヒールンバだな
玉のblog goo本店

こちらのblogは特にテーマはありません。私の人生をつらつらと書き連ねているだけです。でも、一つ一つの文章は、いつかだれかのためになればと思って書いています。検索から、ソーシャルメディアから、リンクから・・、ひょんなきっかけでいらっしゃった方の人生にとって、なにか心に残ることがあれば、これ以上の幸いはありません。

小説:人生はコーヒールンバだな:謎のフィリピン男の殺された訳とは。神戸と上海をつなぐ線。IT時代の捕物活劇。
   ┗そのほかの最近のショートストーリーは
こちらです

人生は旅でもある。:いろいろな場所で、いろいろ見たこと。

人生は食である。:食べることは楽しむこと

人生は物欲は避けがたい。:ものは少年の自分に戻してくれます

人生は音楽である:心に残る音楽とのかかわり。

人生は健康も病もある。:生きてこその自分です。

人生は花が必要。:季節の移ろひは花に見つかる

人生はマーケティングもある。:仕事柄、感じることをつづります。

人生はメンタルだよな:人は意識の生き物とも言います。

地下路線の出口:鉄道写真のあたらしい切り口。

誰が日本の広告を変えていくのか広告業界の誰かのためになるかと思って。




Second Life(セカンドライフ)には、すでにいくつかの日本企業が参入している。また、セカンドライフへの進出企業をサポートする会社も出てきている。

そこで、この春に日本語版リリースがうわさされるセカンドライフに登録をしてみた。
登録自体は難しいものではない、無料blogに登録する程度のことで、自宅住所を記入することも無いし、実名も要らない。メールアドレスもFreeMailでもよい。
ただし、専用のプログラムのダウンロードとインストールが必要になる(30MB程度)。

アクセスをしたら、とりあえずどこかに立っていることになる。どうも人によって最初に立っている場所が違うようだ。知り合いの一人はまったく自分ひとりの孤島に立っていたらしい。私の場合は数人が歩き回る、でも孤島のような場所に立っていた。

いずれにしても、途方にくれる。

そこで、とりあえず訪れるための場所をお教えしておこう。

セカンドライフのソフトウェアをインストールして、無事に接続を完了できたなら、最初に立っているところがどうあれ、いったんソフトを終了する。

そして、下のURLにwebブラウザでアクセスする。
http://slurl.com/secondlife/Metabirds/128/120/24/

そこには、メタバーズ島(後述)を中心としたセカンドライフの地図が出る。そこに表示されているのがメタバーズへの入り口。迷わず[teleportnow]と書かれたオレンジ色のボタンを押そう。

すると、再びセカンドライフのソフトが立ち上がってメタバーズ島へたどり着けるはずだ。

メタバーズ島は日本企業が日本人のために作った島だ。多分日本語またはアルファベットのローマ字で現地のスタッフが声をかけて(チャット窓で)くれるはず。
そこでいろいろ教えてもらいながら、Second Lifeが始まることだろう。

ただし、

セカンドライフのソフトを動かすには、そうとうパワーのあるPCが必要だ。ソフトをインストールしても立ち上がらなかったり、街をあるきたくてもギクシャクとしたり、フリーズしたり。会社のビジネスパソコンや、自宅の安パソコンでは、スムーズな動きができないかもしれない。

でも、そんなときに"こんなもの駄目だ!"とは、思わないで欲しい。

次の世代の人たちは、間違いなくこういった世界の中にも生きていくことだろうということを感じ取って欲しいのである。

メタバーズ島にいらっしゃい。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 3 ) /この文章のカテゴリ人生はマーケティングもある。



« 本末転倒な事態 セカンドライ... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
セカンドライフを試すⅡ:Second Life 日本語版:メタバーズ島 (人生はコーヒールンバだな)
メタバーズ島のアルバイトのsakuraさんに色々と教えてもらっています。 オプション設定については、こちらを紹介いただきました。見よう見まねでCPUとかのパワーが掛からないような設定にすると、画面サイズは小さくなったものの、多少安定して来たようです。 相変わらず...
 
 
 
SecondLifeとやらを体験してみた。 (いーちゃんろーぐ)
最近各所で話題のMMOライフゲーム、SecondLife。日本語版の登場もうわさされているところですが、ちょっと試してみました。 SecondLifeのWebに行って、日本語版はまだみたいなので英語版にサインアップ。(あ、ちなみにうちの会社
 
 
 
オンラインゲームとの違い (セカンドライフ(secound life))
セカンドライフとは、オンラインゲームのように見えますが、通常のオンラインゲームとは大きく違う点があります。オンラインゲームでは作り手はユーザーにルールを与え、ユーザーはルールの中で目的を目指します。セカンドライフでは、作り手が与えるのはユーザーの創造を...
 
 

 
コメント
 
 
 
接続できんのよねえ、、 (canoe)
2007-01-29 12:27:02
なんでかなあ~
 
 
 
たま (PCへの要件が・・。)
2007-01-29 14:48:44
PC Minimum System Requirements:

* Internet Connection*: Cable or DSL
* Operating System: Windows XP (Service Pack 2)
o OR Windows 2000 (Service Pack 4)
* Computer Processor: 800MHz Pentium III or Athlon, or better
* Computer Memory: 256MB or better
* Video/Graphics Card**:
o nVidia GeForce 2, GeForce 4mx, or better
o OR ATI Radeon 8500, 9250, or better


ということですが、F氏はグラフィックカードではねられたとのことです。(ソフトがちゃんとはねるようだが)

メモリは256MBなんかじゃぁ青息吐息。3人以上がその空間で歩き始めるともうだめポですね。

レンダリングを制限したりできるのかなあ。
画面を小さくすれば早くなるかなあ、、と思っていますが、メンドっちいし・・

アクワが動くVISTAマシーンならOKかいな?

MACはどうなんでしょう?
 
 
 
F氏です (zebra)
2007-01-30 01:23:38
F氏です。色々考えてみたのですが、tamatoshiさんも書いている要求仕様の部分で、メモリの容量が一番の原因ではないかと?
あまり詳しくないので、誰かにフォローしてほしいのですが、この手のサービスの普及の条件として、
* Video/Graphics Card**:
o nVidia GeForce 2, GeForce 4mx, or better
o OR ATI Radeon 8500, 9250, or better
なんていう高級品のチップを必須として要求する訳もないし、別に会社の標準PCでも見れるので、要はビデオのメモリかなっと。

ちなみに、某恵比寿の会社の受付に全裸で現れたという方の正体が大体わかりました(ふっふっ)
 
 
 
Unknown (通りすがり)
2007-10-19 16:15:07
>次の世代の人たちは、間違いなくこういった世界の中にも生きていくことだろうということを感じ取って欲しいのである。

私が次の世代の人間ならそうしますが、そうじゃありませんので
first Lifeを充実させる方が魅力的です。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。