山登りはストイック・個人主義・時々ご陽気に!

基本山はソロ。仲間と登っても心の奥底は単独。それを胸に秘め四季折々の山を味わい、楽しむ山の記録。

これからの山・・。第2章。

2017-06-19 23:55:55 | 日記
2017/06/20(火)

登山に目覚めてはや6年くらい。 はじめは登山のいろはもわからなかったので、とりあえず奈良の山岳会に入会しました。年配のかたがとても多く、日々の山行は物足りなかった。でも一部、同年代の先輩の刺激的な山行が魅力的で、何とか辞めずに在籍。テント泊や雪山のノウハウを教えていただき、それが今の自分の礎になっています。 でも常に健康増進ハイキング的な会の在り方に不満があり、自分の目指すところではないと、辞めたいと思う毎日。

物足りないと思うなら自分が山出しをすればいいと、たくさん、山行を計画しました。 それはそれで勉強になりましたので、良かったと思っています。 でもそれでも私は物足りなかったのです。 

ここまでお世話になったのに自分から辞めるとは言い難い。せめて、なんらかの形でお返しをしてからやめようと決めてまもなく、トラブル発生。 おお~これはやめるチャンスがめぐってきたぞ~~。 しっかり機会をのがさず、しかも、自らやめるのではなく、【辞めさせられる】という形に持っていくという、理想的な運びに・・。(^^)  私としてはシナリオ通りかな~。 あっぱれ~。私!! これできれいさっぱり縁切りです。

おかげで現在、心おきなく、自分の山を楽しむことができています。今年はルーファイに重点をおいて勉強したいとおもいます。ルーファイのスペシャリスト先輩の過去の山行記録を材料にさせていただいて、勉強します。

その先輩にはこれからもご指導いただきたいとおもっています。ほかの会の方とはお別れしたいとおもっています。   しかしこれからの会の発展と仲良しハイキングクラブが未来永劫続くことを陰ながらお祈り申し上げます。

皆さまどうぞお元気で。安く楽しく、お気楽な山をワイワイガヤとご陽気に~~。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イワカガミに励まされて。弥... | トップ | 赤岳 真教寺尾根~県界尾根... »