下手の横好き、大人から始めたピアノ

2016年6月からピアノ教室に習いに行くようになりました。挫折しなけりゃいいですが(´・_・`)

「ル・ローヌ」と「渚のアデリーヌ」

2017-04-24 09:51:59 | ピアノ
ルローヌとは河だそうです。ルは英語で言うところのザで、ローヌ河ということですね。

セーヌ川なら私も聞いたことがあるけど・・・

私の怪しいフランスの知識は全てベルサイユのばらで得たもので、フランスに行ったこともない私にこの曲をイメージするのは難しい(´-ω-`)

あ、フランスといえば昔リチャードクレイダーマンのファンクラブに入っていたなあ懐かしい。高校生から二十代前半まで大ファンでしたね〜
その後仕事だったり結婚だったり子育てだったりですっかり忘れてましたが。曲調が好みで本人の容姿とマッチしてましたね。

出来るなら(弾けるなら)渚のアデリーヌなんてやってみたいですけど、難易度はどんなものでしょう?楽譜は持ってるんですよね。NHKで番組をやってた頃のテキストが。



ん〜これは32分音符?

・・・無理だ。

とりあえず昨年よりは上達してると思うので、弾ける日が来るかもしれない、ということでルローヌ頑張るぞ〜\(//∇//)\
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喜多方市日中線跡桜並木 | トップ | ピアノ教室の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL