遺す言葉

つぶやき日記

遺す言葉  130 沈丁花

2017-03-19 12:58:08 | 日記

          沈丁花(2011.3.21日作)

 

   静かな町の 小さな道を辿る

   住宅街の中 ふと 漂い来る

   仄かな香り 沈丁花

   春一番の 来訪者

   冬の殻を突き破り 春を

   告げる花

   春の気配の配達人

   配達人は 今年もまた

   やって来た 心躍らす

   甘い香りを たずさえて

   -----

   平成二十三年 (2011) 三月

   それでも  人の心は暗い

   未曾有の大災害

   東日本大震災

   数えきれない死者の群れ

   -----

   ・・・・言葉もない

   

   

 

   

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺す言葉  129 波が あの... | トップ | 遺す言葉 131 責任という事 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。