タマルさんはナツメヤシ

タマルは女性の名。ナツメヤシの意味。実は多産を象徴し、蜜は甘い。聖書には約束の地カナンは、蜜とヤギの乳の流れる地とある。

乳がん検診の結果が出ました

2016-10-19 20:47:06 | 婦人科
加東市の漣(れん)くん、9月10日生まれ。
「優しく、元気いっぱいで、たくましい子に育ってください。
とにかく痛い(笑)、何人産んでも痛いです。
皆さん優しいです。」

タマル産で、3人産みましたね。
もう無理と言われていましたが、まだ若いですからね。

ところで、タマル産の職員のワンちゃんが、子宮がんになったのだそうです。
手術もして、アガリスクを飲まされて、しょっちゅう診察に通っているのだそうです。
保険も利かなくて、人が受診するより高額の医療費だそうですよ。
だいたい人間だって、アガリスクなんかは飲みませんよ。
原因はやはりパピローマウィルスなのでしょうか?
ごめんなさい、獣医ではないので知りません。

先日来、乳がん検診のお話をしていますね。
今日、市役所に行ったら、ピンクリボンと標語が有りましたよ。
乳がん検診を受けましょう、というものです。

ですが乳がんって、若い女性でも多いのに、40歳以上しか受けられませんよね。
しかも痛いと評判のマンモグラフィーです。
ようやく厚生省は、超音波検査での乳がん検診の一般化も模索しだしたというニュースです。
でもね、もっと簡単な方法が世界的に治験されているのです。
それが、先日来お話している、マイクロRNAという検査なのです。

ある女性が10月1日に、乳房にしこりが有ると言って受診されました。
以前、マンモグラフィーもしたことが有るそうです。
しこりが有るのならもう一度マンモを受けるようにお勧めしたのですが、
ぜひマイクロRNAの検査を受けたいと言われるのです。

それではと、乳がん検診用の超音波検査をしてみたのですが、しこりは見られません。
こういう時は自信が持てませんよね。
本人はしこりだと言われるのですから。
はっきりと乳がんではないとは言い切れないでしょ?

そこでマイクロRNAの検査をしたのですよ。
そして、本日19日に結果が届きました。
検査してから土日も挟み、18日要したということになります。
少し長めですね。結果は以下です。



どうです?
48歳の女性で、乳がんの可能性はA、すなわち可能性は低いと出ました。
これなら安心ですね。
これ以上、マンモグラフィーなどは受ける必要が無いわけですから。
マンモでは条件が良くても、最低5ミリ以上の大きさにならないと引っ掛かりません。

それに対して、マイクロRNAの検査なら、未病の状態で分かるのです。
要するに、しこりになる前に分かるということですよ。
乳がんなら乳がんのマイクロRNAは、乳がん細胞からしか出ません。
ですから血液中に存在すれば、乳がんなのです。
ただし「がん」とは、はっきりとした形にならないと「がん」とは呼びませんから、未病の段階です。

さらに、「がん」は転移することが怖いのですが、
転移はこのマイクロRNAと関係しています。
血液中に流れて、他の臓器に生着することで転移します。
ですから、転移がおこりかけているかどうかまで推定できてしまう優れものなのですね。

これからマンモグラフィーを受けようかどうか迷っている方が居られたら、
まず採血だけで、しかも超早期に、未病の段階で分かる検査ですから、
気楽に受けられてはいかがでしょうか。

もし結果が、「がん」の可能性が高いと出ても、
まだ腫瘍になる前かもしれませんから、
マンモグラフィーでは陽性とは出ないかもしれませんよ。
そういう場合は、がんになりにくい食事をするなどすることで、
病気の発症を遅らせることができるかもしれません。

乳がんだけでなく、男性に多い膵臓がんも、良い適応です。
というのも、膵臓がんは検査で引っ掛かるほどのがんであれば、
もはや手遅れの状態だからです。
未病の段階で見つけなければいけないのですよ。

年末までキャンペーン価格ですから、他のほとんどの「がん」が分かるセット検査もオススメです。
http://www.tamar.jp/nyuugan
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事実は小説よりも奇なり | トップ | カンボジアでも子宮頸がん検診 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む