タマルさんはナツメヤシ

タマルは女性の名。ナツメヤシの意味。実は多産を象徴し、蜜は甘い。聖書には約束の地カナンは、蜜とヤギの乳の流れる地とある。

今年もよろしくお願いします

2017-01-04 21:02:13 | つれづれ
2017年もよろしくお願いします。
みなさんから頂いた年賀状を飾ってみました。
つい最近のようにも思いますし、もうこんなに大きくなられたのか、と感心していますよ。

それと、昨年みなさんから寄付していただいた「おぎゃー献金」は、12,630円でした。
ちゃんと郵便局から寄付しましたからね。
親の無い子の施設などに、届けられるのです。

それで、1年の初めですから、抱負などを考えてみないといけませんね。
若い時は、あれもしたい、これもしたいと、いろんなことに手を出していましたが、
今年、あるいは次の10年は、水戸黄門さまのように、
安心していただけるようなクリニックにしていけたらいいと思うのですよ。
あたりまえの事を、当たり前に継続していけるように。

このお正月は、5年ぶりに京都市内で中高の同窓会が有りました。
友人の1人は、京都府庁の少子化対策部長なのですよ。
もっと頑張ってよ、とハッパをかけてきましたからね。

そして新年にあらためて思い出されたことは、
母校創設者の新島ジョー先生が残された、
「1人の新島が死んでも、100の新島が起こる」という遺言ですよ。
こどもたちに、人類愛を中心とした、教育を施すのです。

ジョー先生は、亡くなられた時に、京都市内には埋葬許可が出なかったのですよ。
京都では異教徒は死しても入れなかったというわけですね。
それで町外れの東山に埋葬されたのです。
何年か前に我が家のこどもたちを連れて、墓地を訪ねてみたのです。
道半ばにして倒れられ、無念であったのではないでしょうか。

私もこの道を行く、という覚悟で次の10年、新たな心で頑張ることといたします。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤ちゃんを産むのは何のため? | トップ | 帝王切開は無駄ではないので... »
最近の画像もっと見る

つれづれ」カテゴリの最新記事