タマルさんはナツメヤシ

タマルは女性の名。ナツメヤシの意味。実は多産を象徴し、蜜は甘い。聖書には約束の地カナンは、蜜とヤギの乳の流れる地とある。

赤ちゃんを卵アレルギーにさせない方法

2017-01-30 21:17:51 | 産科
篠山市住吉台の頼瑚(らいご)くん、12月26日生まれ。
「心身ともに、たくましい子に育ってください。
お産はすごく痛かったですが、もう痛みを忘れました。
個室で、家族と気兼ねなく過ごせて良かったです。」

3人目にして、タマル産で初めてのお産だったのですよね。
セレブな気分を味わえたそうですよ。
至れり尽くせりでしたか?
結婚式ほど、うかれてばかりはいられませんが、10ヶ月妊娠期間を頑張り、
お産も乗り越えたのですから、多少のご褒美は必要でしょう。

食べ物と言えば、最近は食物アレルギーや、アトピー性皮膚炎のお母さんも多いでしょう?
新生児に発疹が出ると、アトピーではないかとすぐに心配されますね。
ただの乳児湿疹に対しても、です。

生後1ヶ月健診頃に、赤ちゃんの乳児湿疹はピークを迎えます。
次の健診は4ヶ月健診なのですが、この頃には治っていることが多いのですよ。
だから心配しなくていいと、お話するのです。
ですが、4ヶ月健診は市の健診なので、さて、どのくらいの割合で治っているのかは正直分かりません。

4ヶ月健診で治っていないようなブツブツは、アトピー性皮膚炎に移行することが有ると言われます。
それで、生後4ヶ月健診でアトピーと診断された赤ちゃんに、
生後6ヶ月から離乳食として卵を与え、少しずつ増やしていくと、
1歳の時点で卵アレルギーを発症したのは、わずか8%だったそうです。
それに対して、卵を与えていない赤ちゃんは、
1歳の時点で卵アレルギーを発症する率が38%と、高かったそうです。

これは国立成育医療センターからの報告なのですが、
よくお母さんって、アレルギーにならないように、赤ちゃんの食事を制限したりされますよね。
やはり根拠の有るものしか信じないようにしないといけないでしょうね。

1つ、勉強になりましたか?

『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宮のポリープの種類 | トップ | 5百円で、外国の地に木を植える »
最近の画像もっと見る

産科」カテゴリの最新記事