「害虫駆除のブログ」有限会社 タマケアビジネス。

害虫・害獣にお困りの方のお役に立てればと邁進しております。日日の出来事・アドバイス・季節の先取り等の情報を流しております

「板壁の隙間にミツバツが」入り込む

2016-10-13 08:46:35 | ハチの巣駆除
「板壁の隙間にミツバツが」入り込む

9月末に「取り敢えず見に来て、ミツバチの駆除と対策を」してくれ、と、又「安く」と老婆のお願い事です、見に行かないと現状が分らないと言う。

段取りを付けて、現地調査に行く。昭和の始め頃の家だ、そと壁は今では珍しい板塀で、隙間や節穴があいて何処もかしこも透き間だらけである。

壁板を止めていた、押え板が腐り、すき間が出来て横板に隙間が出てようだ。2mmの隙間に入ろううとミツバチが争いもがく、身体はハチに囲まれている。

指を動かして、其処にすき間ができると,ワート2~3比匹寄って来る。払い退けると指の上までも乗ってくる.そーと除けて用心する。

春先なら「分蜂」と言って、巣別れの季節があるが、今の時期には「スズメバチに襲われ逃げてきたのだ」早く、板壁の間に隠れたいのだ。

お客さまは、壁の中に巣でも作られたら大変だと,言うので。隙間という隙間を有り合せの物で閉鎖する。とりあえず隙間を減らす作戦だ。

こうなると、蜂蜜と争だ、隙間があると入り込む、パテで埋める。の繰り返し、そうこうしていると蜂の数が増えてきた。可愛そうだが小形トラップで取る。

これが一番安い工法です。2~3日飛んで来るが、その内あきらめます。ミツバチが巣を作ると「蜜が零れて掃除が大変なの」で、4万円ほど掛かります。

それでも長期戦でボトルに水溶液の餌を入れて、発酵で呼び寄せる作戦までをした。毎日3時頃から、入り口を捜しにミツバチが集まると言う。

※ハチの世界は恐ろしい「秋にはスズメバチに襲われる心配です」
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「山本有三の記念館による」 | トップ | 「朝食前のキャベツの咀嚼を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL