たまびと日記 2

ボケないように頑張っています

朝霧高原

2016-10-19 17:40:29 | ゴルフ
昨日、私たちより10歳ほど若いご夫婦に誘われて『朝霧カントリークラブ』に行きました。
早朝の中央自動車道を河口湖方面に向かっています。
途中深い霧が立ち込めているところもありましたが、晴れそうな予感がします。


背後から朝日が昇ってきています。


前方には沈みゆく月が見えます。


大月Jctから富士吉田線に入りました。
リニアモータ-カーの小形山架道橋の下をくぐります。


しばらく進むと雲の上に富士山の頭が見えてきました。


進むごとに雲は消え、富士山がはっきりと姿を現しました。


少し前に富士山の初冠雪のニュースが流れましたが、今はまったく白い物が見えない状態です。
関東の気温はまた上がっているようです。


家々の屋根を覆い隠すように朝もやがたなびいていました。


河口湖インターに着く直前には裾野を引く富士山が見えます。


もうすぐゴルフ場、富士山が綺麗に見える場所なのですが、朝日がまぶし過ぎてシルエットになってしまいました。


ゴルフ場に着いたら、支配人さんが「ここから綺麗な富士山が撮れますよ」と言ってくださったのですが、これもまたシルエット。
『ダイヤモンド富士』と言うけれど、ダイヤモンドがデカ過ぎです。


初めてのゴルフ場でしたが、とても綺麗なコースでした。


富士山の裾野にあるゴルフ場なので、どのホールからも富士山を見ることが出来ます。


誘ってくださったご夫婦です。


気温がグングン上がり、標高が高いのに真夏の暑さになり、すっかり疲れてしまいました。


それでお昼は冷たいうどんをいただくことになりました。


池のほとりの石は富士山の溶岩です。


こちらの池には大きな鳥が立っていました。
まるで置物のようですが、首をあっちに向けたりこっちに向けたりと動いています。
たぶんアオサギだと思うのですが、ずいぶん白っぽい色をしていました。


コースの芝生の上には、ところどころに野生動物の落とし物があります。
これは鹿だと思うのですが・・・・・


これが誰の落とし物なのかわからなかったのですが、“いえびと”は「タヌキだ」と言っていました。


向かいの山にたくさんのパラグライダーが飛んでいました。


私たちがいる場所も標高が高いので、パラグライダーがほとんど目の高さに見えます。
同行のご主人、思わず見とれていました。(笑)


行きも帰りも富士山の原生林を貫く道を走りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハロウィンライブ | トップ | ジョロウグモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。