たまびと日記 2

ボケないように頑張っています

コンペの下見

2017-08-05 14:44:32 | ゴルフ
“いえびと”が9月のご近所ゴルフコンペの幹事になりました。
前回私は欠席だったのですが、“いえびと”が優勝したらしいのです。
優勝者が次回の幹事と決まっています。
“いえびと”がゴルフ場を決定するにあたり、若くなくなってきたみんなが苦労しないように、なるべく平らなコースでと河川敷にあるゴルフ場を選択したようです。

「下見に行く」ということで連れていかれました。
関東平野を走っています。


あたり一面田んぼ。


雲が厚いので熱中症の心配は無さそうです。


田んぼの真ん中にこんもりとした森が見えました。
北側から見るとまるで古墳です。


ところが南側から見ると、周りを大きな屋敷林に囲まれた豪農の館でした。


ゴルフ場は荒川の河川敷に作られているので、平らで広々としています。
右側が荒川の土手です。


荒川にかかる綺麗な赤い橋が見えています。
長さ日本一の水道橋で名前は大芦(おおあし)橋。


荒川のこのあたりには、江戸時代、五反田と言う名前の河岸場があり、渡船場にもなっていたそうです。


ハンバーグランチ。


女性だけケーキのサービス・・・フッフッフッ


芝生の中に真っ白で真ん丸なキノコがたくさん生えていて、遠目ではゴルフボールと見間違いそう。
白いボールを使っていた男性は何度も騙されていました。


池の中にカルガモの一家がいましたが、子供のカモももうかなり大きく育っていました。


シオカラトンボのオス。


カートに『いたずらカラスにご注意ください』と書いてあったのですが、しっかりやられてしまいました。
パターを終えてグリーンから戻ってきたら、私のバッグの口が開いていて中に入れてあったメモが少し飛び出していました。
「何か変だな」と思ってみんなに「今、ここにカラスがいた~~~」と聞いてみたのですが、みんなの返事は「いないよ~~~」でした。
そのままお昼になり、みんなに「今日は熱中症予防にドライトマトを持ってきたのよ~」と言いながらバッグを開けたけど、どこを探しても見当たらず。
ジッパー付きのストック袋に入れたおいたのですが、袋ごとカラスに持ち去られました~~~
カラスが食べ物を持って行ってしまうのは知っていたので、毎回バッグはチェーンでカートに固定しています。
これをしないとバッグごと持っていかれてしまうので。
それにしても油断したなあ・・・ガックリ


帰りにゴルフ場から一人一個ずつキャベツのお土産がつきました。
だからドライトマトの悔しさはもう忘れようと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルガモ | トップ | 八色原(やいろはら)スイカ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿