たまびと日記 2

ボケないように頑張っています

刺さない蜂

2016-10-29 15:20:13 | 昆虫
花に水を撒くジョウロ(如雨露)の上に蜂が止まっていました。
カメラを向けたらこっちを見ましたが、何となく愛嬌があって、この蜂は刺さないと直感しました。
スズメバチなんて、思い出すのも恐ろしいくらい憎たらしい顔ですから。
以前は胴体がくびれている蜂は刺す、丸っこい蜂は刺さないと学習していましたが、くびれていても刺さない蜂もいるのですね。

調べてみたら、オオフタオビドロバチ(大二帯泥蜂)という名前の刺さない蜂でした。
成虫が生きているのは10月までで、木や竹の小さな穴などに卵を産みつけ、幼虫で越冬するのだそうです。


「駐車場に枯葉が1枚落ちている」と思い、拾ってゴミ箱に捨てようとしたら、ドッキリ
それは枯葉じゃなくて蛾
危なく蛾をつかんじゃうところでした~~~

調べてみたら、オオウンモンクチバ(大雲紋朽葉)という名前でした。
朽葉(くちば)という名前がつくくらいだから、枯葉と間違えるのも仕方がないということになるでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大好き日本 | トップ | ミニクリスマスツリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。