ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコの動体視力

2016年10月13日 | 日記

  ノラちゃんシリーズ    薄目を開けて警戒は怠りないです。

 

ネコの視力は余りよくなく、日中は明るすぎて、細かいところまで見えていないようです。

また、あまりに近すぎるところも焦点が合わないそうです。

ネコが一番よく見えるところは2〜6mの距離のところだそうです。

ただし!・・動体視力は別で、ほんの少しの動きでも見逃さないすごい能力を持っています。

目に映った像がはっきりしているか、していないかにかかわらず、動きのあるものには敏感に反応します。

脳のなかに動きに敏感に反応する特殊な脳細胞があり、わずかな動きにも反応するのです。

つまり、ネコにとって、まわりの景色はどうでもよく、

そこに「小さいものが動く」ということに素早く反応し、見いだすようにできているのです。

そして、視覚以外の優れた聴覚、敏感な触毛などの感覚器をフルに動員して獲物を探し出すのです。

小さいて動くもの、超音波を発するもの・・・といろいろな感覚に引っかかったものが獲物な訳です。

ただ、暗闇での視力はとんでもなく優れています。

犬と猫の暗闇での行動を暗視野装置で撮影した映像を見たことがありますが、

障害物の多い迷路のような所に両者を入れて、動きを見ると、犬はまったく見えていなくて、

あちこちぶつかったり、うまく動けませんが、ネコはまるで、

周囲がきれいに見えているようにすいすい歩いて行くのですね。凄いと思いました。

夜行性のネズミを捕らえるために特別に発達した暗視野装置付きの眼なのです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じられない超能力 | トップ | ネコの瞳孔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。