ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコの瞳孔

2016年10月15日 | 日記

  ノラちゃんシリーズ   ホワイトソックス

 

ネコの眼は、精神的に安定している時は、明るさに応じた瞳の大きさになります。

ところが、この瞳はネコの気分によって、明るさとは別に瞳孔が大きく開くことがあります。

恐怖を感じたり、怒ったりしたときに瞳孔は完全に全開になります。

そのときは耳も一緒に動き、耳は後ろに倒されます。怒った怖い表情になりますね。

また、逆にうれしかったり、興味津々なんて言うときも瞳孔は大きく開きます。

このときは、耳は前方をむき、耳をそばだてている感じになります。

つまり、瞳孔の大きさだけでは、ネコの気分を正確に知ることは出来ないわけです。

耳の向きも見る必要があるわけです。

ちゃーちゃんもシャンプーをするときなどは瞳孔は全開になりますね。

恐怖と怒りと嫌悪といろいろな感情が入り交じり、耳はもちろん後ろに倒されます。全身でいやがっているのです。

最近は、シャンプーした後、気持ちがよいのか、以前ほどシャンプーをいやがらなくなりましたが・・・

しかし、ねこの感情は目に出てきますが表情は複雑です。

ひょっとしたら人間の表情より複雑かもしれませんね。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネコの動体視力 | トップ | ネコとのコミュニケーション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事