ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコの寿命

2017年03月07日 | 日記

 2才の成ネコ(成人)になったころのちゃーちゃん

 

ネコの寿命は、飼い方のスタイルでかなり違ってきます。

ノラネコは平均5年くらいで死んでしまいます。

事故、怪我、けんか、十分なえさがないなどいろいろ厳しい条件があるためです。

自由に外に出ることの出来る、半外ネコは平均13年です。

やはり、外に出ているときに事故に遭ったり、ノラネコとケンカしたり、有害なものを食べてしまったり、

また、病気をうつされたりして、寿命を縮めてしまいます。

完全室内飼いのネコは平均15年ですが、最近は20年生きるネコも増えています。

実際、うちにいた先代のチョロは20年生きました。世界記録はアメリカのネコの38年だそうです。

よく長寿のイヌがぼけてしまって、やたらほえたりするとかテレビで見たことがありますが、

ネコは、それほどのことはないようです。チョロもなくなる数日前はトイレに行く元気もなくなり、

寝床で粗相しましたが、それまではわりとしっかりしていました。

ただ食がどんどん細くなり、食べられなくなって、弱って無くなったのです。

ネコの20才は、人間で言えば96才に相当するそうです。

成ネコ(成人)になるのが2才(人間で24才)で、それから毎年人間で言えば4才年を取るのだそうです。

ちゃーちゃんは現在11才(人間で60才)ですから、20才までとすると、あと9年は生きるのかな?

そのとき私は〇〇才ですから、同じ頃死ぬかもしれませんね?

ネコの寿命と人の寿命を考えておかないと、いけませんね。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩合光昭 京都の猫 | トップ | ネコの肉球プニュプニュ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。