ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコは飼い主をなんと思っているのか?

2017年03月20日 | 日記

  ネコは、澄み切った目で我々人間をどう操ろうか策を練っています。

 

イヌは飼い主を群れのリーダーと思っています。

そして、リーダーである飼い主の顔色をうかがい、まわりの空気を読みながらうまくやって行こうと努力します。

また、飼い主など人間はイヌとは違うものと認め、それに合わせます。

ですから、イヌ同士で遊ぶときと、人間と遊ぶときとはまったく違う行動をします。

ところが、ネコは飼い主は仲間のネコと見なしています。

つまり、ちょっと変わった大形のネコの仲間と思っているのです。しかも不器用で可愛そうなネコと思っています。

ですから、他の仲の良いネコにやるような、シッポを絡める、頭をスリスリする、体をなめるなどの行動を人間に対してもします。

これらは、まったくネコ同士の行動そのままなのです。

また、イヌのようにまわりの空気を読んで行動するなんて絶対しません。

ネコの先祖は群れをつくらない単独生活者なので、KYは当たり前のことなのです。

第一、自分のまわりにネコがいないのですから、空気を読む必要などなかったのです。

しかし、ネコは我々人間が思っているよりずっと賢い動物です。

誰が自分にとって一番役に立つか、朝餌を用意するのは誰かなど冷静に見分けています。

うちのちゃーちゃんも、餌皿が空になると私よりかみさんのところに訴えに行きます。

かみさんはネコの訴えを敏感に感じ取って、すぐ反応してくれるからです。

私は忙しかったり、めんどくさかったりすると、無視したりしますので、訴えても無駄と思っているみたいです。

そのほか諸々の行動を見ていると、じつにうまく人間を動かしています。

ネコはバカだなんていう人がいたら、その人はネコを飼ったことがない人なんでしょうね。

化け猫伝説がありますが、ネコは怖いくらい頭が良いですよ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリのイヌの糞 | トップ | ネコとキュウリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。