ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコの同性愛

2017年06月16日 | 日記

 

「ネコの秘密」山根明弘 にネコの同性愛について書いてありました。

ノラネコの世界で、雄同志で交尾行動をすることがしばしばあるそうです。

どうしてそんなことが起こるのか、いろいろな仮説が立てられています。

1.将来のメスとの接し方や交尾の仕方に備えてのトレーニング。

2.単にオスをメスと勘違いしてしまった。

3.メスと交尾出来ないためにそのストレスのはけ口として行為におよんだ。

4.生まれつき同性愛が好きなオスだった。

5.オスの間の順位を再確認するためのもの。

6.ライバルのオスのメスへの戦意喪失をねらうもの。

このうち正解は1つです。どれだと思いますか?

 

このオス同士の交尾行動で、上になる(オス役)のは5才くらいの大形のオス。

下になる(メス役)オスは体がまだ小さい4才以下の若いオスです。

野良ネコ観察の第一人者の結論は、

3番の「メスと交尾出来ないためにそのストレスのはけ口として行為におよんだ。」だそうです。

良く見られる例では、メスに懸命に求愛しているのに、なかなかメスがその気にならないときに、

近くにいた若いオスにマウントすることが多いのだそうです。

また、メスに求愛中、突然メスがダッシュしてその場から逃げ去ってしまい、

その姿を見失ったときに、近くにいたオスにマウントした。

同性愛行動が起こるのは、このふたつの例がほとんどで、

3番の答えが正しいと言うことになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生き物にサンキュー! | トップ | パンダ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。