ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコの耳は口ほどにものを言う

2016年11月05日 | 日記

  ノラちゃんシリーズ  歌舞伎役者みたいに目に縁取りがある目力のあるノラ。ちょっとふてくされている感じもする。

 

ネコの耳を見ているといろいろなことが分かりますね。

音を聞くために耳を動かすのはよくやりますが、このときは片耳ずつ別々に動きます。

後ろから聞こえるときはなどは両耳が一緒に後ろに向きますが、片耳ずつ微妙に動きを調節しています。

ところが、感情から来る耳の動きの変化は左右同時に起こります。

また感情を表す耳の動きは、怒っている、機嫌が悪い、リラックスしている、怖がっている・・・・などです。

感情によってそれぞれ耳の倒し方が違うので、ネコの気持ちを読むときに耳の倒し方を見ると分かりやすいです。

「目は口ほどにものを言い」と人間の場合、目の動きで何を考えているのか分かりますが、

ネコは耳がいろいろなことを語ってくれます。

たとえポーカーフェイスのうまいネコでも、耳に全て感情が出てしまいます。

①普通に耳を立てているのは、リラックスしているときです。

②後ろにそらすのは、怒っているときや機嫌が悪いときです。

③耳が横に平らになっているときは、怖がっています。

④耳がぴんと立ち、前方に注意を向けているようなときは興味津々なときです。

これらの耳の動きと同時に、ヒゲが一緒にいろいろな方向に動きます。

したがって、耳とヒゲの様子でさらに意味が変化します。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネコパンチのひみつ | トップ | 借りてきたネコ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。