珠美子的博客    

メールはtamamikot☆aka.gmobb.jp
(☆を@にしてね)までお願いいたします。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土用の丑の日

2012年07月27日 | Weblog
一年半 ブログを放置したら
テンプレート(背景)が まっ白になっちゃって・・・
更新しないと 白くなっちゃうんですって。
と、いうわけで
久々に更新します。

震災のあとは 何も書きたくなかったし、
どんなことを書いても 
何か そぐわない気がしました。

そのあとも そうそう いいお知らせも無くて・・・

まっ白脱却のために、
今日のネタは、

土用の丑の日

昨晩のニュースで
中国広東省汕頭(スワトー)市で養鰻場と加工工場を経営する会社と、
その若社長の奮闘を 紹介していました。
非常に衛生管理の行き届いた 養鰻場です。

※この会社です→こちら

中国産食品は
なんか 管理が不行き届き、不衛生、毒入り というイメージがあるのは否めず、
中国産うなぎ、と ひとくくりにされたくない、という
社長と 会社の応援がしたいと思い、
さっそく 今日 スワトー鰻を 購入しました。

昨日のニュースでは
埼玉県内の ヤオコーで 売っていたので
ヨガのレッスンの帰りに 
最寄りのヤオコーに 寄ってみたら、
ありました   



ヤオコーに行ったのは二度目。

今日は パン屋さんも うなぎフェアーよ。
甘そうだから 買わなかったけど、(すみません)

コロネ(チョコ味)も うなぎちゃん。とぐろ巻いてる。





ピーナツ味も かわいい





蒲焼型パン



初めて見たわ~こんなの カワイイなー














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南鑼鼓巷 ナンルオグーシャン その3

2011年01月03日 | 北京
小さなお店がたくさんできた。
洋服、小物、文革グッズ。

公衆トイレの隣の 安くて美味しい 包子のお店とか
おしゃれじゃない(とされるもの)は姿を消した。
南の方言を話す 団体旅行者が 写真を撮っていた。




北上してきて
去年 泊まった おしゃれホテル 古巷20号。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南鑼鼓巷 ナンルオグーシャン その2 ヨーグルト屋

2011年01月02日 | 北京


宮廷ヨーグルトのお店。
11時半開店、売り切れたら閉店。
いつでも 行列ができている。

中はこんなかんじ。


メニュー。


原味ヨーグルトと お菓子。
この渦巻きのお菓子は、白い部分がカッテージチーズ、真ん中が こしあん。
チーズ部分は ほとんど甘くなくて 一緒に食べると美味しい。


別のお店。


他にスイーツやスナックは
ベルギーワッフルや たこ焼きまで あって 原宿のようでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南鑼鼓巷 ナンルオグーシャン その1

2011年01月02日 | 北京
中央戯劇学院の西側を 南北に走る 小さな胡同(フートン)は
この5,6年で かなり変貌しました。
この写真は この通りの南端の門。地安門大街にぶつかったところです。
門の間に 見える 灰色の建物が 最初に泊まったホテルです。(南門から西に50Mほど)

南門から 北上して行きますと・・・



このカフェ『過客』が草分け的存在。
中は、こんなかんじ。


そのとなりのレストラン。


ドラムゴン こと 鑼鼓洞天。
ここは留学中もよく行きました。変わっていない。


ここも よく行った。ピンポン食堂が移ったお店。
名店でもなんでもないけど 美味しい。


中央戯劇学院の角。大劇場。


到着前日まで 『世阿弥』を上演していた。

劇場手前のDVD屋さん。


ここの老板は、
2004年には ここの路上で 雑誌や新聞を売っていたのに、
去年 行ったら 立派な店舗を構えていました。
さらに ドアあたりが立派に。
去年も 今年も 私のこと覚えていてくれました。

ミッキーの服を着た中年留学生は珍しいから?
いつも レオン・ライ(黎明)の載った雑誌を探していたから?

そこで DVDを 物色していたら
留学時の 担当教授の 常莉老師に 偶然お会いしました。
この方が 本科の聴講生に 入学許可をくださった恩人でした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2011年01月02日 | Weblog


昨年は ありがとうございました!

今年は いくつか 新しいことを始めて
気持ちも身体も 少しばかり研ぎ澄まして
再スタートの年にしたいと思います。

本年も よろしくお願いいたします。

年末は 北京に行きました。
昨年の北京滞在は たった2泊でしたので
昨年 ちょっと寄った所以外は 6年ぶり。
おいしい ご飯どころは 初めてのところばかり。

芝居観て 映画観て 激安ミッキー・・・

大好きな果物 龍眼(ロンイェン)=桂ユェン を のべ 1キロ食し、
美味しい お粥 四川料理 山西料理 蘭州料理!

激安 足マッサージ、カッピング治療・・・
幸せいっぱい、エンジョイしまくり!

しかし!寒い!! 寒かった!
風邪気味だったからか 堪えました。
お世話になった中国の方は 東北地方出身で
こんなの寒いうちに入らないようでしたが、
最高気温も零下だと 私にはちょっと・・・
留学の時は 冬どうしていたんだっけ?
きっと 篭っていたのね、部屋に。
旅行だと 時間が限られていて 出歩くから
寒く感じたのかな。

でも 寒い以外は オールオッケー。
いろんな偶然にも恵まれた楽しい滞在でした。
少しずつ 写真をアップします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月♪

2010年12月21日 | Weblog
またブログを 五ヶ月放置しちゃったら・・・ もう年の瀬。
ブログ書いていないと、 どんどん 仕様が変わっちゃって
ついていけなくて 億劫になっちゃったの。
きっと進化というか 使いやすくなってるんでしょうけど、慣れなくて・・・

これから 第二の故郷に 行ってきます。
写真アップできるといいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土曜夜九時 日テレ 『美丘』 第三話

2010年07月22日 | 演劇
告知です
7月24日(土曜日) 夜九時から ドラマ 『美丘』 第三話
後半部分に ちょっとだけ出演します。
公式ページの予告動画 の17秒くらいに
サブリミナルみたいにチラッと写っていますが・・・
(あーお供え餅みたいだ)
本編はもうちょっと写ります。ご覧くださいませ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

第17回BeSeTo演劇祭  覇王歌行~項羽、歌の翼にのる

2010年07月03日 | 演劇
第17回BeSeTo演劇祭
覇王歌行~項羽、歌の翼にのる が 駒場アゴラ劇場にて 上演されます。
演出の王暁鷹さんは 国家話劇院の副院長。
私は北京留学中 彼の演出作品『コペンハーゲン』の 稽古・公演を
何度も見せていただいて とってもお世話になりました。
ぜひ観に行きたいと思います。
美しい中国語の響きと 中国演劇に興味のある方、国家話劇院の実力ある俳優を観てみたい方、
ご一緒に行きましょう!
演出:王暁鷹
作:潘軍
出演:中国国家話劇院

紀元前210年、虞姫は、夢にまでみた楚国の王項羽と出会う。しかし、その出会いは、
4年後の悲劇へとつながっていく…。
項羽の独り語りと、歴史の名場面を縦横に織り交ぜ、
史実を忠実に追いながらも華麗で詩情豊かな歴史ロマン作品として
中国で熱狂的に受け入れられた舞台。
中国現代劇の最前線を走る演出家王暁鷹が、



京劇の技巧や歌唱をとりいれ国家話劇院の第一線俳優で創る衝撃の話題作。



7月8日(木)19:00開演 9日(金)19:00開演
10日(土)14:00開演 11日(日)14:00開演

前売り・予約 3000円 当日3500円


駒場アゴラ劇場 電話03-3467-2743
















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『笑顔の教室』(原題:新来的李老師)

2010年06月29日 | Weblog
陝西省の農村の小学校に 研修で赴任した李先生。(王寧)
彼女は この研修により 大学院入学の資格を得ることができるらしい。
彼女は 笑顔の教授法 という こどもたちがのびのび楽しめる授業を
実践する。 彼女の担当教科は 国語と 音楽。
まるで 遊びのように 教室を出て 野外で歌って、ゲームをして。
なるべく 普通語(標準中国語)を使う。
いいことずくめのようであったが、彼女の授業方法は、
従来型の授業をする女教師との軋轢を生み、生徒たちの
テストの成績も芳しくない。
自らこの小学校の出身者で、なんとか 廃校を免れたいと思う校長、
李先生に淡い思いを寄せる 同僚男性教師(韓会亮)、
一度は 彼女に反発した年増の女教師、みんなで 一致団結して
効果的な 教育法を探り、 実践していく。

都会の女学生が、農村の小学校で奮闘、田舎の素朴で愛らしいこどもたち、
という内容は、楊亜州監督の『張先生の大脚』を 髣髴とさせる。
音楽の使い方が コテコテで、ちょっとわざとらしいところ以外は、
主演の若いふたりも 溌剌としていて 楽しめる。
自然は なんとも壮大な美しさ。

日本でも ゆとり教育の弊害が言われる昨今、
やっぱり 小学校のうちは ちょっと厳しく お勉強したほうが いいですよ、
ってことですかね。
放課後に 遊べばいいし。
こどものうちって 勉強できるかどうか、って
机の前に 座っていられるか否かって ところもあるしねぇ。
説教くさくない 教育映画です。

主演の 王寧ちゃんは、
去年 伝媒大学表演系を卒業したばかりの新人。



とってものびのび  お芝居しているようでしたが
初主演は プレッシャーだったそうです。
飾らないかんじで 素直で かわいかった。


楊先生役の 韓会亮くんは、
現地採用かと思ったほど、田舎の先生役がぴったり。
でも 本人は 天津大学出身の俳優で、
あれは 役作りでした。

お顔は お魚系だけど、身体能力が高く、
姿勢もスタイルも良い。
27歳で 俳優のほかに 副導演(助監督)の仕事もしているそうです。

上映後の 講演の様子は

人民網 に載っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日吉電影節2010

2010年06月26日 | Weblog
私の母校 慶応義塾日吉キャンパスで
日本初公開の 中国映画 『笑顔の教室』の上映と 講演があります。
毎年 このイベントに尽力されていらっしゃる慶応高校の吉川先生に
いただいたお知らせから転載いたします。

日吉キャンパスは 去年 林望(リンボウ)先生の還暦を祝う会として
慶応女子高の同級生で集まった時 十年ぶりぐらいに行きました。
駅も 駅前もキレイになって スポーツクラブや コーヒーショップが
併設されて ずいぶんと近代的になっていました。
1年ぶりに また行ってみようと思います。
金曜日の午後3時だと お勤めの方は無理でいらっしゃいましょうが
行かれる方は ご一緒に行きましょう!


【上映・講演会(メインイベント)】
2010年6月25日(金)
慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館・藤原洋記念ホール
15:00~ 上映
『笑顔の教室』(2009)日本初公開

【あらすじ】
都会の大学を卒業したばかりの李先生がやってきた。赴任先は廃校寸前の田舎の小学校。
彼女が思いついたのが「笑顔教育法」。型破りな彼女の教育スタイルは果たして周囲に受け入れられるのか?
2010年 国際ファミリー・フィルム・フェスティバル(アメリカ)最優秀コメディ映画賞受賞

16:45~ 講演(90分予定)
☆ゲスト
斉為民(『笑顔の教室』プロデューサー)
王寧(『笑顔の教室』主演女優)
韓会亮(『笑顔の教室』出演俳優)
河井真也(フジテレビ・プロデューサー、塾員)
前田知恵(女優、北京電影学院卒)
田中文人(東京国際映画祭・作品部、ドキュメンタリー映画監督)
※上映作品をめぐる中国国内での配給状況などをきっかけとして、
中国大陸でのコンテンツビジネスの現状や日本のコンテンツの持つ可能性、
そこから見える今の中国社会や文化状況について、
映画製作の第一線に立つゲストに語り合っていただきます。
※定員 : 500名 参加無料 ・ 事前申し込み不要
※満員の場合は入場をお断りする場合があります。お早めにご来場ください。



6・25 追記
上記の電影節に 行って来ました!
うしろに見える建物(左側の低層のほう)が会場の協生館です。
ペンマーク(慶応の校章)がカワイイ。
サッカー観て 寝不足でしたが 行ってよかった♪
上映作品・講演につきましては また書きます~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上海 ちょこっと観光

2010年05月12日 | Weblog
北京は 1年住んでいたので 
それなりに 土地勘があるけれど、
上海は 穴場も 距離感も ぜんぜんわからない。
連日 上戯で 見学してばかりだったのですが、
少しは 観光らしいこともしようと思い、
前年度(今となっては 前々年度)のNHK中国語講座で
紹介していた 田子坊でも 行ってみよう、と思いたちました。

それで ヤンチャーに 聞いてみたんだけど、
ヤンチャーは 上海出身でもないし、
授業と 芝居で 忙しく、流行のスポットなんて知らないの。
(そんなもんです)
それで 出演者の李浩に聞いてみようと電話したところ、
たまたま近くにいて、駅前のスタバから 田子坊まで
連れて行ってくれました。

ありがとう。

あとは Mちゃん母娘と、お約束の豫園近くを観光。



中国内の 経済格差そのままに、
上海も 高いお店は 日本より高い。
豫園の近くの こまごましたお店は、激安10元スカーフなど
安くて おしゃれなものが たくさん!

小龍包の名店 南翔は 美味しかった~
カニ餡のスープを ストローで ちゅーちゅー しています。


日本に無くて
中国に行くと 必ず食べる大好物の果物、それは 龍眼!
またの名を 桂圆!

ちょっと くせのある味がやみつき。

あとは 北京でも 上海でも 買ったミッキーの DVDケース。
2008年の ネズミ年の 吉祥ミッキー柄の売れ残り商品もありました。
中華とミッキーのコラボ、大好き!


偶然 たどりついた人民広場のバス停近くの
半地下のアーケードは、
物価が 北京の天意なみで、小さなお店がいっぱい。天国でした。
奥のほうには 正規のミッキー専門店もあったけど、
物価が日本並みか それ以上なので 何も買わず。
小さな靴屋さんで 非正規と思われるミニー柄のブーツをゲット!

キレイにお洗濯して 来シーズンも履きます。

ヤンチャーのおかげで
とても充実した 楽しい上海でした。
次はいつ 行けるのでしょう?
どうして 私は こんなに中国にハマっちゃうのでしょう?



昨日は
月9ドラマ 『月の恋人』の初回でした。
今の上海が 確かに 写っていたけれど、
貧しい中国人の美女と、金持ち社長日本人の マイフェアレディ物語には、
違和感と いまさら感 がありました。
中国の経済格差は ものすごく、貧しい人が 10億人いるのは事実だけど、
富裕層は 日本の人口より多く、
だから 日本のインテリアのお店が上海進出できたんでしょうに。すごい矛盾と破綻。
でも まぁ 中国自体が ものすごい矛盾を抱えた国だから 仕方ないとは言え。
そういう根本的 違和感はあったけど、
チーリンはかわいいし(ありえない頭身!35歳なのに あのスタイル)
面白く観ました。
それに 高橋昌也さんが チーリンの隣人(アレレな日本語を教えた)役だったのに
ビックリしました。
そんなこんなで 文句たれつつ これからも見ます。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上海戯劇学院にて

2010年05月12日 | Weblog
敷地内のカフェ。
こういうのが 中戯よりモダンな感じ。


レトロな旧校舎。


学内の大劇場。


卒業公演 『弘一法師』の舞台稽古。







同じ演目の プロの舞台は 人民広場近くの 上海大劇場で公演。
シャンデリア キラキラのまばゆい大劇場でした。





学食にて。
なんか やたらに美味しかったわ。


楊佳、非常感謝!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上海!上海!

2010年05月12日 | Weblog
この10年で 
広州、北京、内モンゴル、河北、武漢、河南、湖南(長沙から 苗族の村まで)など
行きましたが、
上海だけは ご縁がなくて、14年ぶりの上海でした。
当時は あの塔も 高層ビル群も まだ無くて
やっと 高架道路ができた頃でした。 隔世の感。

上海万博(上海世博)の開幕で
連日 特番やニュースで 上海の様子が 報道されています。
私が 行った 去年の11月~12月も
万博前で そこかしこで 道路工事中。
「上海は 日本を越えた」と言われる昨今ですが、
外灘の 新開発エリアには 行かずじまいで
静安寺付近、上海戯劇学院の近くばかりで行動していたためか、
あんまり そう感じなかった。
道路工事は 原始的な方法で、噴煙がすごいし、
番宣で キムタクも言っていたけど、
工事現場の足場が 竹だったりするし。
 
次回は 新開発エリア、煌く夜景の高層ビル群、
ラグジュエリーな上海にも行ってみたい。

それでも 14年前は 門の前を 車で通っただけの
上海戯劇学院に 入り浸って 見学できて
充実の毎日でした!

長い間 泊めてくださって
上戯の見学させてくださった 好朋友の ヤンチャー、
本当にありがとう!!



ヤンチャーは 北京の中央戯劇の院(三年間)を出てから
上海戯劇で 先生をしています。
自身の 出演公演と
大学四年の学生の卒公直前の 一番忙しい時に お邪魔してしまいました。

居候していたお部屋。
我が家より広いのですが 暖房が効かなくて
部屋でムートン着ている・・・


窓からの景色。
高架道路は いつも渋滞中。


道路を挟んで 向かいは日航ホテル建設中。
万博に 間に合ったのでしょうか。


その並びにある 美麗園ホテル。


私の滞在中 留学時のルームメートだったMちゃんが
お母様と ツアーで上海に来て 一緒に遊べたのだけど
偶然 ホテルがここで 大変便利でした。
お部屋のグレードも高い。万博エリアには遠いけど。

上海に着いた翌日 ヤンチャーの出演する芝居を観に 劇場へ。


北京と違って 上海は 土地勘が無いので
地図を片手に 4時間くらい 歩いてしまった。
中国にいると 楽しくて 歩いちゃうのよね~
中国行くと とたんに 体重が減る。
移住すればいいのに、ね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5年ぶりの北京 その2

2010年05月12日 | Weblog
ホテルは 古巷20号。





ロビーはこんな感じ。(暗いけど わかるかな)




地安門大街にて。後ろに鼓楼が見えます。
なつかしー。留学中は いつもここで お買い物していた。





后海の近くでは 寒空の下 マージャンする人々。





鼓楼。へなちょこデジカメで 歪んでしまった。



懐かしの天意商城。






手機の電池を安く 取り替えて
デジカメの充電までしてくれた 一階 電気売り場の小姐 ありがとう♪


たった二泊だったけど
芝居は 二本観られました。

中央戯劇学院の 近くの カフェバーだったところで
王大夫(演劇愛好家の歯医者さん。留学中 たいへんお世話になりました)が
小劇場を 経営なさっていたのです。
これは ごまかしの利かない空間でした。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまさら・・・ですが

2010年05月11日 | Weblog
パソコン不調で、ブログ放置しているうちに、
旧正月=バレンタイン → オリンピック → 新年度、
ついには ゴールデンウイークも 終わってしまって
上海万博も 開幕しちゃった。
いまさら 去年の中国旅行の写真を 貼るのも 憚られておりました。
世は ツイッターが流行り、リアルタイムで つぶやく人も
多いのに、半年前のネタを貼るのも どうかしていますが、
何年後かの備忘録と 写真整理のために 
一念発起 これから 貼っちゃいます~

このあいだ ごぶさたしていた中国の知人から
メールが来て、
「ブログ見ました。今北京に来ているの?知らせてくれたらいいのにー」と。
この方は 30年前に 大学で日本語を ちょっと勉強したことが
あるそうですが、細かく文章の意味は掴めないので
誤解なさったのですね、すみません。
また そんな方が いらっしゃるかもしれないけど、
貼ります書きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加