自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

矢追純一さん 博多屋台で深夜マル秘話 その1&2

2016年10月29日 20時12分35秒 | 怖いおとぎ話・宇宙人と政治
矢追さん、いいですね~!
お腹が空きました…私も食べたい…
食べたいわあ~


矢追純一さん 博多屋台で深夜マル秘話 その1


エリア51では宇宙船を製造している、そして宇宙人と共同作業している…。


矢追純一さん 博多屋台で深夜マル秘話 その2


エリア51は元海軍の病院だったが、地下と湖のほとりに秘密基地を作った。


^^^^

現在の米国ではエリア51かね?
そういえば、ジョーマクモニーグルは、「チャイナレイクに言ってみな」と言っていたんだよね。
チャイナレイクとは、米海軍のミサイルや魚雷など海軍の様々な兵器を世に送り出してきましたというところで、軍事的な場所であるらしい。しかも海軍…

:::::

ネリス空軍基地爆撃訓練域、チャイナレイク海軍兵器センター、29パームスMcAg、エドワーズ空軍基地  (図3)
 これらの施設に対してラスベガスからの通勤フライトがあります。



★チャイナレイク海軍兵器センター China Lake Naval Weapons Center
  このネリス空軍基地爆撃訓練域の南南西、DeathValleyNationalParkの南にある海軍のChina Lake Naval Weapons Centerも同様の実験演習場が
 あります。ここは、海軍の航空兵器のテストステーションで攻撃目標用のSimulates SAM siteや飛行場、円形の爆撃標的(謎のサークル)もあります。
 また潜水艦発射ミサイルの着弾場にもなっています。謎の地上絵(?) や標的用と見られる航空機もあります。
 チャイナレイクの演習場は南北に分かれており、北部(DeathValley国立公園の西)に三角形をした主滑走路があります。
 円形の爆撃標的は二次大戦から冷戦時に使用されたもので、 レーダー、ミサイルサイトを模したものがベトナム戦争以降のものです。


こちらのサイトから拝借しました→http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoss/W-map/erea51.html

チャイナレイクとは、エリア51のことなんですね…
ここで何が起きているかが、肝ですね…
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近所にいる狼が遠吠えするの... | トップ | 捨てられても飼い主を待ち続... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

怖いおとぎ話・宇宙人と政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL