自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

ジョージ・ソロスの調査に、共和党連邦議員が乗り出した…過激極左集団への資金援助か。

2017年03月15日 22時33分38秒 | 世界情勢、アメリカ
これは案外…本当かも知れませんが…
確かにヨーロッパでは、ジョージ・ソロスが裏で糸引くNGOが難民を大量に押し寄せさせていると言う、情報が流れ、反発が起きていると言う話は聞いたことがあります。


日本や世界や宇宙の動向様より→http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52004335.html


米連邦議会がソロスの調査に乗り出しました。

ソロスもいよいよ調査対象となりました。
ただ、調査だけで逮捕されないのなら無駄です。ヒラリーもソロスもオバマも、他のNWOエリートも、彼等がやってきた犯罪について調査が行われるべきであり、調査だけでなく法的に罰せられなければ、彼等はこれまで通り、自由にのさばりアメリカだけでなく世界の国々を破壊する計画を続けるでしょう。

http://investmentwatchblog.com/congress-launches-full-george-soros-investigation/
(概要)
3月14日付け


悪名高いグローバリスト、ジョージ・ソロスが世界中の過激な極左集団に資金援助を行っていることに関して米連邦議会は徹底的に調査すると発表しました。
ソロスは東欧や諸外国に極左政権を誕生させるために、オバマ政権を通じてアメリカの納税者の血税数百万ドルをソロスのオープンソサエティ財団に補助金として計上したことが明らかになったため、連邦議会が調査を開始しました。


オープン・ソサエティ財団に流れた補助金は法的にも偏りがなく公平な使い方が要求されていますが、彼等は法律を無視した使い方をしています。


連邦議会がソロスに関する調査を始めた理由は、ヨーロッパ全域に反ソロスの抗議デモが広がっているからです。ヨーロッパの人々はソロスが彼等の伝統的文化を破壊していることに強い危機感を感じています。


CBNニュースによると、ソロスはずいぶん前からヨーロッパの政治に干渉してきました。
米連邦議員らは、ソロスが納税者の血税を使って(例えば)保守的なマケドニアという国の極左集団に資金を提供し保守政権を倒した後に極左政権を誕生させようとしていたことについてソロスから説明を求めています。
また、オバマ政権が任命したマケドニアの米大使(ジェス・ベイリー大使)が、マケドニアにおける米国国際開発庁のプロジェクトをソロスのオープン・ソサエティ財団に任せた理由についての説明も要求しています。
(ソロスに関する調査を開始した7人の連邦議員は全員共和党議員です。)


CBSニュースのインタビューで、ゴーマート共和党議員はマケドニアの国会議員らと協議したと伝えました。米政府は、マケドニアに対して、同性婚を認め妊娠中絶の費用を負担するならマケドニアを支援すると言ったのです。米政府はマケドニアの人々の宗教的信念を無視し彼等に妊娠中絶を強要しようとしました。
プレスリリースにて、2012年以降、米国国際開発庁がマケドニアのソロスの極左財団に5百万ドルの補助金を計上したことが明かされました。


@@@@@@@

以上転記終了

不思議なのは、ソロスを調査する7人の連邦議員が、全員共和党員だと言うこと。
共和党というのは、ブッシュ親子がいる党ですわww

分かりませんねえ…
ブッシュはもう引退みたいですが…
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エイリアン インタビュー... | トップ | 不可解な話…友好的であったは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界情勢、アメリカ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL