自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

捨てられても飼い主を待ち続けるわんこ…命は動物でも重さと価値を忘れたくないな…

2016年10月31日 00時25分18秒 | 動物
カラパイアさまより→http://karapaia.livedoor.biz/archives/52227493.html


ここで待っててって言われたの。引っ越しで不用品と一緒に捨てられた犬、1か月たってもずっとその場で待ち続ける。

悲しいことに引っ越しの際、飼っていたペットを捨ててしまう人は少なからずいる。アメリカ、ミシガン州デトロイトに住むある一家もそうだった。

 引っ越しの際、マットレス、ドレッサー、枕などたくさんの不用品を道端に残したまま出て行ったのだが、飼い犬までもそこに置いていってしまったのだ。

 後に”ブー”と名付けられるこの犬は一カ月以上もそこにいた。飼い主らは時々荷物を取りにこの家に戻ってきたそうだが、ブーを連れて行くことはなかったという。



もちろん、ブーは家族がもう戻ってこないことなど知らない。懐かしい家族のニオイのしみついた古いマットレスの上で、いつか「おいで!」と呼ばれることを信じてその日を待ち続けていたのだ。

 だが1ヶ月が過ぎても、相変わらずブーはひとり寂しく待ち続けていた。見かねた近所の人がブーのためにエサや水をおいてやったが、彼はあくまでもそこから動こうとしなかった。



見るに見かねた近所の人が犬の保護施設、デトロイト・ユース・アンド・ドッグレスキューに連絡をした。連絡をうけたマイク・ディーゼルが現場に駆けつけた。

 「彼はそこに横たわっていたよ。マットレスの上でご主人が返ってくるのをじっと待っていたんだ。まさに忠実な番犬だよ」ディーゼルは語る。




それから、ディーゼルはブーの傷ついた心を癒そうと決めた。

 「取り残されたということは、飼い主がゴミとして捨てたかったということにほかならない」ディーゼルは言う。ブーは自分はボロボロのマットレスと同様に捨てられ、家族はもう戻ってこないという事実と向き合わなくてはならない。

 そして、まずは飼い主以外の人間を信頼するところから始めなくてはならないのだ。初日、ディーゼルは約11時間ブーと共に過ごした。ただそばに寄り添い、自分の声に慣れさせた。




もちろん、ブーの心をがっちりつかむ確実な方法は、フライドチキンとハンバーガーだ。アメリカで犬の保護活動において、ハンバーガーが活用されている。もちろんタマネギなど、犬によくない材料は抜くことができる。

 ディーゼルは午前2時にブーを残して立ち去り、午前10時に再び戻ってきた。今度はマックの朝食持参でだ。ブーの頑なな心は、ソーセージマフィンとハッシュドポテト攻撃でだんだん氷解し始めた。

 そしてついに、首輪をつけることを許してくれた。



「首輪をつけると、30分ぐらいふたりで散歩した。ブーのすぐ隣を歩いて、彼の信頼を得たんだ。散歩が終わると、地面にひいた毛布の上に腰を下ろして、1時間ぐらい一緒に過ごした」

 そしてとうとう、ブーはディーゼルのトラックの後ろに乗った。



「お互いの感情を確実に理解するために、ふたりで話し合いをしたようなものさ。ブーはぼくが彼を傷つけたりしないことをわかってくれたんだ。」、「そして、ぼくがブーを抱き上げるのを許してくれた。車に乗せてまっすぐ獣医のところへ行ったよ」



ブーはフィラリアが陽性であることがわかったので、その日から治療を開始した。そして、彼は他の仲間たちと仲良くやっていくことができる心優しい愛すべき犬であることもわかった。

今、ブーに必要なことは、もう二度と辛い思いをしなくてよい一生涯の家族を見つけることだ。幸いなことに、フェイスブックでブーのことを紹介したところ、たくさんの人が家族になりたいと名乗りをあげてくれたという。



ブーは病気の治療のため、半年くらい施設での心身ケアが必要となるが、元気になったらもう二度と悲しい思いをしなくて良い永遠の家族を見つけられることだろう。



@@@@@

以上転記終了

動物をないがしろにするのも人間で、助けるのも人間なのだね。

この記事を見て、昔住んでいた家の近所に金持ちの社長の家があり、そこで飼われていたわんこのことを思い出した。
その家の住人は、ある日、事業が失敗したらしく、夜逃げしていた。
そこの家で、大きな毛がもこもこの犬を飼っていたのだが、置いて夜逃げしていったよ…
そのわんこは、誰もいなくなった家に、何日も何日も居続けた。
はじめは誰も気がつかなかった。
犬の首に首輪がなく、自由に外へ出られるようにしてあったが、犬はどこにも行こうとせずに庭をうろうろしながら、家に居続けた。
5~6日たって、近所の人がこの家の人間は夜逃げしたと気が付いた。
わんこはその後しばらく家にいたが、気づくといなくなっていた。
収容されたのかな…
かわいそうにね…
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢追純一さん 博多屋台で深... | トップ | ドゥテルテ大統領の真意は?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

動物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL