自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

毎日新聞が日本を壊す!?報道されない真実!!捏造がやばすぎる!!河添恵子が解説!!

2017年07月12日 20時34分13秒 | 国内情勢、日本
河添恵子 毎日新聞が日本を壊す!?報道されない真実!!捏造がやばすぎる!!河添恵子が解説!!



TBS、番組制作部門の日本人採用を中止キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!?多額の資金を投入し中国で海外メディアも驚愕するとんでもない売国活動を展開!!!!




【渡邉哲也】反日団体・奴等の仕業で〇国崩壊!資金源強奪・・・日本政府からのメッセージ!!




【渡邉哲也】朝日新聞完全終了!ついに弁護士が束になって総攻撃が始まった!



朝日や毎日だけではなく、たくさん反日の新聞社があるし、テレビ局もある。
残念なことに、犬NKや〇通、TBS、ウジテレビなどもそうだ…




売国マスコミランキング

https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/419.html

テレビ朝日(テレ朝)
朝日放送(ABC) テレビ朝日の不祥事年表 SSS++ 署名活動 ・放送免許「剥奪」・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
東京放送(TBS)
毎日放送(MBS) TBSの正体
TBSの不祥事年表 SSS++ 放送免許「剥奪」・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
朝日新聞 朝日新聞の正体
ただし、最近では新自由主義に寄りつつある(らしい?)。 が、売国行為が多すぎるためこの評価とする。 SSS++ 第三種郵便物認可取消・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
毎日新聞 毎日新聞の不祥事年表 SSS++
北海道新聞 北海道のブロック新聞。「北の朝日新聞」の異名を持つ。沖縄2紙とともに、地方・ブロック新聞のなかで最悪と言われる。 SSS++
琉球新報 通称、沖縄2紙。
沖縄抗議集会人数の捏造報道
「(レーダー照射は)日本も悪いんですよ。尖閣撤収で中国と関係改善すべきである」
左翼性が非常に強く、朝日新聞・毎日新聞ですらマシに見えるレベル。おそらく、機関紙や海外メディアを除外した場合、最も反日性の強いメディアと思われる。 SSS++ 沖縄テレビの放送免許剥奪・第三種郵便物認可取消・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
沖縄タイムス SSS++ 琉球放送と琉球朝日放送の放送免許剥奪・第三種郵便物認可取消・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
共同通信 様々な新聞社の全国的な記事の引用に使われることが多い。
1
2
左翼系勢力リスト SSS++
人民新聞 SSS++
10 NHK(日本放送協会) NHKの正体
本部内に特亜の公共放送が入っている上、特亜に媚びた報道や放送が多すぎる。 ただし、民放に比べて有事の報道体制が良いことは評価 できるが、売国行為が多すぎるため売国度SSS+とする。
但し、会長に籾井勝人氏就任以降は改善傾向に向かっている SSS+ 完全に国営化し日本政府の見解を偏向なく正確に国民に伝えることを使命とするメディアとすること。受信契約解除・ビラ配り・コピペ・口コミ
中日新聞
東京新聞
神奈川新聞 東海地方、関東地方を中心とするブロック新聞。本土の地方・ブロック新聞のなかでも最悪とされる。 SSS+ 第三種郵便物認可停止・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
日刊ゲンダイ SSS+
リテラ インターネットで配信しているマスメディアの一つ。
おそらく偏向ぶりは朝日新聞や沖縄2紙をも上回るものと見られる(例: 安倍首相に「バカ」はヘイトスピーチではない 、など)。
※但し、もはやジョークサイトと思われるほどの反右翼・反愛国・反安倍・親韓・親中さゆえ、よもや有益な情報源と考える人はいないと思われ、また知名度が低いこと、また反利権(JASRAC批判など)など有益な部分もあること、かえって真実を知る機会になるかもしれないことも考慮しこの評価にとどめる。
ここでは書ききれないので、左翼の考えを知るためにも、是非一読すべし。 SSS+
15 地方・ブロック新聞及び地方TV局 ※北海道新聞、中日新聞・東京新聞および沖縄2紙は反日行為が著しい為別格とする。 S 放送免許停止・第三種郵便物認可停止・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
16 時事通信 中川昭一辞任の裏側
※ただし特亜にべったりの共同通信よりははるかにマシ。 B+ 不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
東京スポーツなどの「スポーツ紙」 1.浅田真央叩き
2.全国紙と提携(なお、産経新聞のサンスポも不買対象)
但し、宮崎県で口蹄疫が発生したとき大手メディアは殆ど正しい報道をしなかったが、東京スポーツのみが報じていたので大手メディアがスルーする事柄については記事の内容監視は必要 B+ 第三種郵便物認可停止・不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
17 日本経済新聞 日経新聞の反日、富田メモの捏造、中国の猛プッシュ
※経済はいざ知らず、特に政治面での社説は左派寄りな感が否めない。但し塩野七生氏に(12月1日朝刊にて) 「マスコミは基本的に左派」だと語らせるなど、一概に売国的とは言いにくい面 はある。 B (場合によっては)不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
WOWOW(日本衛星放送) 有料のBS放送局。フジテレビ・TBSらが大株主の一つであり、韓流ドラマ・映画も少なからず放送している。 但し、オタクアニメ黎明期の時期に低価格で多くのアニメを放送し、オタクブームに一役買った点は評価 。 B
19 読売新聞 読売新聞の不祥事年表
中川昭一辞任の裏側
※但し渡邉恒雄氏就任以降は親自となっているため、朝日新聞や毎日新聞よりかははるかにマシである。 B- (場合によっては)不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
日本テレビ 日本テレビの不祥事年表
24時間テレビ「愛は地球を救う」の正体
※ただし、それでもテレ朝やTBSよりははるかにマシ。 B-
フジテレビ フジテレビの不祥事年表
フジテレビが腐ってる証拠映像集
長谷川豊の正体
日本ユニセフの支援企業。過去に韓流を過度にゴリ押ししているとしてチャンネル桜が抗議活動を行ったことがある。
ただし、産経新聞とは提携関係にあり、労働組合(民放労連は共産党系)の組織率(約5%)ならびに特秘法反対キャンペーンへの加担度がキー局で最も低い(低かった) ためこの評価にとどめる。また近年は売国的態度を取りやめつつある。
※フジ・産経のスタンスがあくまで「親米・親西側」であるため、親韓・親台によっているものとみられる。 B- (場合によっては)不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
22 BS11 韓流ドラマ・中国ドラマを多く放送している。また毎日新聞が主要株主であり報道面では左派的傾向がある。 ただパナソニックなど愛国的な企業も主要株主である。 C+ (場合によっては)不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸
23 APF通信 ※ 、名称がアメリカのAP通信社(世界1位)フランスのAFP通信社(世界3位)と似ており紛らわしいので誤認やソース(情報源)には要注意。故筑紫哲也氏やTBSお気に入りの主に戦争・紛争地帯専門の映像取材を目的としている通信社。
日本の企業であるが、代表・山路徹氏の不倫騒動や金銭トラブル、捏造報道などあやしい活動をしており目立った反日行為はしていないものの監視は必要。 C (場合によっては)不買運動・ビラ配り・コピペ・口コミ・スポンサーに電凸



特定団体の機関紙

1 聖教新聞
公明新聞 創価学会の正体 SSS++ 特になし(特定団体の機関紙であり抗議しても無駄)
社会新報 社民党の正体 SSS++
日教組教育新聞 日教組の正体 SSS++
民団新聞 韓国民団の正体 SSS++
朝鮮新報 朝鮮総連の正体 SSS++
世界日報 統一教会の正体 SSS++
7 しんぶん赤旗 日本共産党の機関紙。ただし、 共産党は部落解放同盟や公明党と対立、人権擁護法案に反対しており、彼らの悪行を「しんぶん赤旗」で暴露していることは評価 。 SSS+
8 幸福実現NEWS 幸福実現党の機関紙。ただし、 幸福実現党は日本国憲法第九条の撤廃、外国人参政権に反対・自衛隊補強に熱心などの有益な面もある 。


海外マスコミ

1 ニューヨーク・タイムズ アメリカ合衆国の主要メディア。しばしば国内メディアに記事が引用されて日本叩きの材料にされている。 SSS+ 必要な抗議・反論を十分行うこと
2 韓国放送公社(KBS) いわずと知れた韓国メディアだが、韓国国民は一体どのようなことを考えているかを考える上では実はとても役に立つメディアである。
※韓国の反日政策、韓国はなぜ反日か?を参照。 B 特になし
東亜日報 B
朝鮮日報 B
中央日報 B
韓国日報 B



@@@@@

以上転記終了

あちこち検索すると、皆様とっても神経質に気にされて、いろいろと記事になっています。

私も詳しくなくて、勉強します。
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エイリアン インタビュー... | トップ | 中国で日本の振り込め詐欺グ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内情勢、日本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL