自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!

見つけた良い話、辛口世界情勢、政治話、不思議話など、遊びつつ考えて行きたいです。

火星で不思議な中国のどらのような紋章のついたゲートが撮影されているそうだ…人工物以外にありえず、そうであれば旧帝国時代のもの?

2017年03月20日 22時10分21秒 | 怖いおとぎ話・宇宙人と政治
確かに、どう見ても、人工物です。


トカナさまより→http://tocana.jp/2017/03/post_12663_entry.html

火星で「異次元への扉」が発見される!? 直線と曲線が融合した不思議な構造物に驚愕!

OUT OF THIS WORLD!!! NASA Discovers ANCIENT ALIEN STARGATE!? SMOKING GUN 2015 UFO Sightings


地すべりか地震といった自然現象による影響でできたと思われる火星表面上の亀裂の隙間から、自然の力とは到底思えない程直線的な構造体が顔を覗かせている。そして画像を拡大・着色していくと、その奇妙な構造物の詳細が浮き彫りに。その後方にはクネクネと直線的に曲がった構造も見てとれるため、屋根のない廃墟のような建物なのだろう。中心には中国のドラのようなデザインを模した円形の扉のようなものも確認することができる。

不思議な構造の建築物を巡り、研究者らの間では「スターゲイト(星間移動装置)」や「神の門」「異次元の扉」といった様々な推測が飛び交っている。彼らはこの建造物が火星と地球、はたまた別の銀河に存在する宇宙へと繋がる門の役割を担っているのではないかと考えているようだ。

 プラズマ物理学者のジョン・ブランデンブルク博士などによると、火星にはかつて古代文明が存在しており、その全てが核戦争で消滅したという指摘もある。この説を証明するかのように、火星表面上からはウランやトリウムといった放射性物質が検出されているのだ。核戦争で文明が消滅したかはさておき、2016年にはNASAが公式に40億年前の火星は豊富な水が存在した豊かな星だった可能性が高いとも発表している。この建造物は、その頃に生きていた火星人の高度な技術によって建てられスターゲイト構造物だったのかもしれない。
(文=山下史郎)


@@@@@


以上転記終了


もはや不思議と言うより、やはり!と言う感じですね!
私たちの孫くらいの時代には、これらが何であるか解明されているかも知れないですね!
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロボットが働く無人工場を、... | トップ | 昨年国立遺伝学研究所で行わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL